Let’s Think !  新型コロナウイルスからの“出口戦略”

~双子座シーズンがスタートし、誰にとっても「考える」がキーワードとなります。 そして人と人の間の情報交換、そして人の往来などが、増えてきそうです~

こんにちは、レイコ・ローランです。

本日5月22日、太陽がふたご座の位置に入りました。
双子座のみなさん、これから1か月はYOURシーズンということで、注目度も上がるでしょうし、ハッピー・バースデイ!です。

そしてこれから6月21日までは、誰にとっても、”双子座的な過ごし方“というのがキーになってきます。


12星座は人の一生を区切って、性質づけられています。

太陽が12星座のトップバッターの牡羊座(3月21日~4月21日)にあったころ、みなが「命の大切さ」について話し、次の牡牛座(4月22日~5月21日)にあった昨日までは、巣ごもり需要もあり「心地よいおうち」「おいしい食事」など、人が本能として持っている「五感」に関わることがブームになっていました。

そして3番目の双子座が得意とする分野は、ずばり、「思考」です。
人が「考えたり」「しゃべったり」「コミュニケーションしたり」するようになる、そういう人生期をシンボルとしています。

おそらく、これまでの知見を活かした、SNSでの個人発信の情報のやり取りも増えるでしょうし、対コロナウイルスに、考えながら立ち向かっていく、やられっぱなしではない、という雰囲気。知恵で乗り切っていこうとする雰囲気、が見えてきます。

ちょうど昨日、また緊急事態宣言が解除された地域も有りましたし、まだそれが続く関東圏でも、自主的な判断でお店を開けたりと、細かな動きで立ち上がっていこうというシーンがかなり見られ始めました。


「“知恵”によって超えられることって、結構いろいろ、あるんじゃない!?」ということに皆が気づき始め、情報交換も盛んになりそうです。

もっとお喋りしていく(距離を取ってだったり、電話でだったり、メールでだったりするかもしれませんが)機運が高まってきます。


これからの約1か月間は、困ったときは、泣いたり嘆いたりよりも、

「考えてみる」

これがキーワードです。


「考えて、柔軟に、工夫すること」がカギになります。


ただ、ふたご座は「移動」もあらわすので、人の往来が今までよりも少し増えそうなのも気になります。

電車に乗る人も増えるでしょうし、”気の緩み“をもとに、「あそこにも、ここにも、行きたい!」という気持ちが膨らみ過ぎたら要注意。
出来なかったことを今、取り戻すのだという感情的な流れ(金星は双子座で逆行しているし、火星は魚座の位置にあり)に任せると、やはりいいことはありません。


考えて、考えて。ベとっとせずに、さわやかに。
自分の思考力を信じて!

もうひと超えしていきましょう。

What's New

Feature
Ranking