【50代目もとの老け見え】マスクで悪目立ち!「くすみ」「くま」「シミ」を解決するカバー術

マスクをすると、実は自分で思っている以上に目まわりのいやな影=ノイズが目立っている! だからこそアラフィーはコンシーラーがマスト。"疲れている人"に見られないよう、完璧だけど自然に見える隠し方を伝授。
教えてくれたのは…
ヘア&メイクアップアーティスト 広瀬あつこさん

ヘア&メイクアップアーティスト 広瀬あつこさん

「パレットひとつでどんな悩みもカバー」
年齢とともに変化する女性の悩みに寄り添い、その人らしさを引き出すプロフェッショナル。妥協のないアイテム選びとテクニックに、業界からの信頼も厚い。

【目次】

①マスクの日の「手抜きメイク」は老け見え

マスクで悪目立ちする「3大目もと」カバー術

②目頭ぐすみ

③どんよりぐま

④もやもやジミ

 
①マスクの日の「手抜きメイク」は老け見え

マスクがあたりまえの今、“顔=目もと”と心得て!

「マスクで顔が隠れるから、メイクが手抜きできてラッキー!と思っていいのは、20代前後の若い子だけ。大人になったら、マスクをしているときこそ細部にこだわったメイクが必要です」と語る広瀬さん。

「マスクをしていると、表情を読み取ろうと目もとばかりに視線が集まります。そんなときにくすみやくまなどのノイズがあると、生活感が出て疲れた印象に。お疲れ印象とマスクのダブルパンチで、本当に具合が悪く見えてしまうという経験、アラフィーなら一度はあるのでは? アイメイクで華やかに見せる方法もあるけど、まずはコンシーラーでノイズを消し去ることが先決。動きの多い目もとにしっかりフィットする薄膜&ハイカバーの3色パレットさえあれば、アラフィーの目もと悩みをすべてカムフラージュすることができますよ!」

マスクをすると、よりノイズが目立つ

ファンデーションのみ

白いマスクがレフ板になるかと思いきや、目頭のくすみや目の下のくま、シミなど、目まわりの悩みが浮き彫りに。
ファンデーションのみでマスクをすると、よりノイズが目立つ

ノイズが消えて、明るい印象に

ファンデーション+コンシーラー

コンシーラーをプラスするだけで、目もとだけでなく肌全体が明るい印象に! アイメイクは変えてないのに目もくっきり。
ファンデーション+コンシーラーだとノイズが消えて、明るい印象に
トップス・ネックレス・ピアス/すべて本人私物
コンシーラーの効果に驚く

アラフィーのマストハブは《3色パレットタイプ》

濃淡ベージュ+オレンジの3色

クリーミーなテクスチャー

MiMCのナチュラルホワイトニングコンシーラー
大人の目もと悩みには、2トーンのベージュとオレンジカラーがマスト。ナチュラルホワイトニングコンシーラー SPF32・PA++ ¥5,500/MiMC
イプサのクリエイティブコンシーラーe
クリエイティブコンシーラーe SPF25・PA+++ ¥3,500/イプサ

 
②目頭ぐすみ

マスクのせいでお疲れ印象が悪目立ちする今こそ「コンシーラー」がマストに。そこでアラフィー世代の色の選び方&塗り方のポイントを、ヘア&メイクアップアーティスト・広瀬あつこさんが目もと悩み別に指南。今回は「目頭ぐすみ」を払拭するテクニックをお披露目。

アイホール全体に明るいベージュを

長年蓄積した摩擦ダメージや、骨格による影でくすみが出やすい目頭を中心に、アイホール全体を均一に整えて。

アイホール全体に明るいベージュを

 これを使用 

クリエイティブコンシーラーe SPF25・PA+++ ¥3,500/イプサ
広瀬さんも愛用。クリエイティブコンシーラーe SPF25・PA+++ ¥3,500/イプサ
くすみが出やすい目頭に点置き

1.くすみが出やすい目頭に点置き

明るいベージュを筆にとり、目頭に。まぶたのきわに塗るとたまりやすいので、少しあけてのせるのがコツ。

明るいベージュを筆にとり、目頭に

2.目頭からアイホールにブラシを使ってのばす 

点置きしたコンシーラーを、アイホールに向けてブラシでのばす。強くこすると摩擦によるくすみが増長するので、優しくていねいに。

指の腹でならしてまぶたに密着させる

3.指の腹でならしてまぶたに密着させる

指の腹を使ってコンシーラーを密着させるようにポンポンと押さえる。指をすべらせるとコンシーラーがムラになりやすいので注意して。

 
③どんよりぐま

マスクをすると、実は自分で思っている以上に目まわりのいやな影=ノイズが目立っている! そこで「3色コンシーラー」を使って目もとの悩みをカバーするメイク術を、ヘア&メイクアップアーティストの広瀬あつこさんが伝授。今回は、お疲れ印象を助長する「どんよりぐま」の対処法をご紹介!

目の下の頑固なくまはオレンジで一掃

お疲れ印象を助長する目の下のくまは、補色のオレンジでカバーを。気になる部分だけをピンポイントで攻めて。

どんよりぐま

 これを使用 

クリエイティブコンシーラーe SPF25・PA+++ ¥3,500/イプサ
広瀬さんも愛用。クリエイティブコンシーラーe SPF25・PA+++ ¥3,500/イプサ
くまが一番濃い部分にオレンジを線状にオン

1.くまが一番濃い部分にオレンジを線状にオン

くまが濃く見える部分に、ブラシでコンシーラーをのせる。このあとのばすので、くまよりもひとまわり短く入れて。

涙袋の下までブラシで塗り広げる

2.涙袋の下までブラシで塗り広げる

1で塗ったコンシーラーを、ブラシを横にすべらせながら目の下に塗り広げる。涙袋まで塗ると不自然に見えるので、塗らなくてOK。

ブラシを小さく動かしきわのくすみもオフ

3.ブラシを小さく動かしきわのくすみもオフ

アイメイクなどによる色素沈着でくすみが出やすい下まぶたのきわ。目じりから目頭に向けて、ブラシを左右に小刻みに動かしながらカバーを。

 
④もやもやジミ

「もやもやジミ」を一掃するメイクテクニックをご紹介。

広範囲に広がるシミは2色使いで自然にカバー

シミは濃いベージュできちんと隠してから、明るいベージュを重ねて肌のトーンを合わせる2段階のプロセスを。

もやもやジミ

 これを使用 

クリエイティブコンシーラーe SPF25・PA+++ ¥3,500/イプサ
広瀬さんも愛用。クリエイティブコンシーラーe SPF25・PA+++ ¥3,500/イプサ
1.目じりから目頭へ濃いベージュを斜線入れ

1.目じりから目頭へ濃いベージュを斜線入れ

シミが目立ちやすい目じり部分が一番濃くつくよう、目じりから目頭のほうへシミが気になる部分に斜線状にオン。

.シミ全体を覆うように指を使ってなじませる

2.シミ全体を覆うように指を使ってなじませる

コンシーラーを指の腹でトントンとなじませ、シミをカバー。広げすぎるとコンシーラーが薄くなり、シミが透けてしまうので気をつけて。

ひとまわり狭い範囲に明るいベージュを

3.ひとまわり狭い範囲に明るいベージュを

明るいベージュを目頭から目じりへ斜線入れし、指でなじませる。ひとまわり狭く入れることで立体感アップ。

▼その他のおすすめ記事もチェック

What's New

  • 【50代の毛穴ケア】若いころとは違う!大人のお手入れで解決

    20代のころに「詰まり」「黒ずみ」といった毛穴悩みと対峙してきた私たち。年齢を経て、その肌悩みは落ち着くかと思いきや、新たな毛穴トラブルが続々と押し寄せている現実。それはエイジングという抗えない事実と、この一年の生活習慣の変化という2大パンチが起因となるものだった! 若いころのケアとは違う大人仕様のお手入れで、ふっくらつるんと整った肌を目ざそう。

    ビューティまとめ

    2021年5月23日

  • 50代が今買うべきコスメは?老け見えサインをカバーする「カゲ消し」アイテム

    マスクありきのメイクをしている今、目もとのカゲやどんより感、口もとのカゲやくずれが気になる人が多数。ここ数年、メイク界では優秀な"カゲ消し"コスメ、くずれ知らずのベースメイクアイテムが続々登場している。今回、美賢者たちが手放せないと頼りにしているコスメをリサーチし、ここに大賞を発表!!

    ビューティまとめ

    2021年5月20日

  • 50代を美しくみせる「最強リップ30選」マスクを外しても自信がもてる!

    マスク生活でリップから遠ざかっていたり、試すのが面倒といつも同じ色をつけているとしたら、もったいない。定番の「ベージュ」「ピンク」「赤」リップも、この春流の選び方&つけ方であなたの魅力を高める最強アイテムに!

    ビューティまとめ

    2021年5月4日

  • 50代の肌はもっと輝く「透明感のある肌」の育て方

    大人になるにつれて失われていく最も大切な印象は"透明感"にある。凛としたたたずまいも、思わず惹きつけられる肌の美しさも 透明感なくしては語れない。だからこそ、大人はどう育て、どう愛していくかが重要。その手立てを松本千登世さんと考える。

    ビューティまとめ

    2021年4月21日

  • アラフィーの顔に「2つのたるみ」が出現中!引き締まった顔立ちを取り戻す方法とは?

    「コロナ禍でアラフィーの顔に『ブルドッグ』と『ヤギ』、2タイプのたるみが出現している!」と気づいた小田ユイコさんが、その原因を考察し、緊急発表! スキンケア、顔トレ、美顔器で、引き締まった上向き美肌を取り戻す方法を紹介。

    ビューティまとめ

    2021年4月5日

Feature
Ranking