マンガ好きJマダム&スタッフが選んだ「笑った一冊」8選【大人の心を救う「笑えるマンガ」】

「笑えるマンガ」の好みは人それぞれ。というわけで、マンガ好きのエクラ世代に、人気再燃の不朽の名作から話題作まで、幅広く"イチ押し"をあげてもらった。

おすすめしてくれた、マンガLOVERS!

モデル ゆうきさん

ジャンルは幅広く。最近は専門的なものなど、自分の知らない情報が多い作品をよく選んでいる。


美容コーディネーター 弓気田みずほさん

小さいころから『週刊少年ジャンプ』を読み、今も少年、青年マンガ多め。独自の世界観がある作品が好き。


ファッションエディター 東原妙子さん

マンガを読まずに寝る日なし。名作も駄作も、絵がうまくてもヘタでも、新旧問わず、かなりの雑食系。


美容ライター 中島 彩さん

ヒューマンからラブストーリー、癒し系のマンガまで、少年マンガ以外はオールジャンル愛読。


画家 大地由紀子さん

子供のころはマンガを自分で描いていたことも。ジャンルは問わず絵が美しく叙情的な作品が好み。


主婦 佐藤智子さん

『ガラスの仮面』のような主人公が奮闘する物語が好き。寝る前にマンガを読むのが習慣。


エクラ編集長O

マンガ情報はSNS上で常にチェック。猫をはじめとした動物ものに目がなく、話題作はほぼ網羅。


エクラ副編U

『週刊少年ジャンプ』連載中の『僕とロボコ』に夢中! 次回作が出るまで3回は繰り返し読む日々。

『僕とロボコ』

宮崎周平
集英社 既刊1巻 ¥440
『僕とロボコ』宮崎周平
メイドロボが普及した時代、ある小学生の家に来たのは想定外すぎるロボコ。『ドラえもん』やいろんな作品の設定やネタがたくさん盛り込まれています。エクラ世代にわかるものが多く、懐かしさも。ロボコはむしろ人間以上に喜怒哀楽が豊かで愛おしい!(副編U)

『セクシー田中さん』

芦原妃名子
小学館 既刊3巻 各¥429〜
『セクシー田中さん』芦原妃名子
地味な経理部員・田中さんの秘密の顔はベリーダンサー。婚活女子の朱里がそれに気づき、触発されてベリーダンスを習いはじめ、自分に自信をもちはじめます。登場人物が人間味にあふれ、笑えるし名言もいっぱい! 前向きになれます。(中島さん)

『すみれ先生は料理したくない』

大久保ヒロミ
ぶんか社 既刊2巻 各¥627
『すみれ先生は料理したくない』大久保ヒロミ
美人なピアノ教師だけど、料理が苦手。失敗するたびにそのときの気持ちをこめた曲を即興で演奏するのですが、料理あるあるをうまく突いています。女で料理ができてあたりまえという、誰もが感じるプレッシャーをコミカルに描いています。(佐藤さん)

『飼ってない猫』

関口かんこ
講談社 既刊2巻 各¥760
『飼ってない猫』関口かんこ
なぜか続々とノラ猫が家にやってきて好き勝手にやり、主人公も「飼ってない」スタンスで猫と張り合います。デッサンがくずれぎみなタッチも“ギャグマンガ感”があっていい味わい。それでいて泣けるところもあり。猫派以外の人にもおすすめ。(編集長O)

『はぐちさん』

くらっぺ
祥伝社 既刊6巻 各¥840~
『はぐちさん』くらっぺ
正体不明で不思議な生き物のはぐちさんと、くたびれたOLのシュールな暮らしを描いた作品。ささやかな日常のエピソードに心の底から笑い、泣き、深く深く癒されています。ラジオ体操に取り組む姿の滑稽さは思わずコーヒーを吹き出すほど!(大地さん)

『動物のお医者さん』

佐々木倫子
白泉社 全12巻 各¥390
『動物のお医者さん』佐々木倫子
札幌のH大学獣医学部を舞台にした名作。動物がかわいくて、動物好きなら笑える場面多数! シベリアンハスキーのチョビは女の子なのに般若顔。初登場シーンで一気に心をつかまれました。大人になって読み返すと違った魅力が感じられます。(ゆうきさん)

『坂本ですが?』

佐野菜見
KADOKAWA 全4巻 各¥620
『坂本ですが?』佐野菜見
クーレスト(クールの最上級)高校生の坂本くんならどんなトラブルもスマートに解決。ネガティブ→ポジティブの転換に元気をもらえます。「ニーディストラクション(ひざかっくん)」など、本気でくだらない秘技や名言も見どころ。シュールな絵も大好き。(東原さん)

『波よ聞いてくれ』

沙村広明
講談社 既刊8巻 各¥630〜
『波よ聞いてくれ』沙村広明
北海道のラジオ局でひょんなことからDJになったミナレ。無茶な企画や事件など、ありえない状況に巻き込まれながらも、口八丁といいかげんさでのりきるミナレの生き様は型破りのおもしろさ。コントのような怒涛のセリフ回しも魅力です。(弓気田さん)

What's New

Feature
Ranking