マスカラこそ命! ぐいっとまつ毛で目を大きく<山本浩未の大人メソッドPart2> 五選

2017年4月17日
今までのアイメイクだとなぜかうまくいかない……。そう感じているエクラ世代が大多数。でも、目は大きく見せたいし、いきいきと魅力的に輝かせ たい。ならば、今こそアイメイクの見直し時。山本浩未さんがエクラ世代のせつなる願いに応えるアイメイクテクニックを伝授! 第二弾は、年々小さくなる目を、再びぱっちり大きくしたい人に、まつ毛の大切さをレクチャー。

3. ちょいゆるまぶたをぐっと支える逸品&大人のまつ毛も ぐんぐんのばすマスカラ

大人がカールすべきは「根元」、ただそこのみ! 先端のカーブがたるんだまぶたを押さえる大人仕様のビューラーを使い、大人まつ毛の最大のポイント、根元をしっかりとらえて。マスカラはブラシの角度が調整可能なタイプを使えば、目のカーブに合わせて使うことができるため、まつ毛の根元からつけることができる。
  • マスカラは根元からしっかりつけるのが最大のポイント。根元が鏡で見えていなければならないが、ちょいゆるまぶたがかぶって見えていない場合も多い。必ず反対の手で、まぶたを軽く持ち上げて。
  • ビューラーでまつ毛をカールアップ。丸くくるんとしたカールは無用。ピタッと押し当て、とにかく根元だけをギュッと上方向に立ち上げる。きわから縦に、長さのむだなくのびる線をつくって。
(右)アイラッシュ カーラー¥2,000/SUQQU (左)SHISEIDO フルラッシュ マルチディメンション マスカラ ウォータープルーフ BK901 ¥3,800/資生堂インターナショナル

What's New新着記事

  • 食のプロがおすすめ!鍋をぐっとおいしくする「あるとうれしい調味料」五選 

    eclat2月号では、食のプロたちが、おうち鍋をさらにおいしくする“調味料”をご提案。つけダレとして使ってもおいしい「唐芙蓉」、野菜仕立ての鍋によく合う「パクチーレモンオイル」や、モロッコの辛味調味料「アリッサ」など常備したいとっておきのアイテムばかりです。

    eclat五選

    2018年2月22日

  • おいしい食材を使った旬のグルメNEWS 五選

    eclat3月号では、素材を引き立てるシンプルな味付けが魅力の『荒木町 たつや』、九州の食材の魅力を最大限に引き出す『リストランテ Kubotsu』、米にとことんこだわって作られた日本酒『守破離 no title.』など最新のグルメ情報五つをご紹介。

    eclat五選

    2018年2月21日

  • 春を先取るのは、凛としたたたずまいが魅力の「男前スカート」 五選

    新しいおしゃれに挑戦したくなる季節が到来。辛口な素材やディテールを備えたスカートが、女らしさを強調するというパラドックス!

    eclat五選

    2018年2月20日

  • 50代の男と女の関係を描いた 大人の恋愛小説五選

    今さら恋愛小説!? と決めつけるのはまだ早い。実は50代だからと男女関係に目を背けているだけかも。eclat3月号では、井上荒野さんと角田光代さんの作品からと、「迷」「溺」「決」「個」をキーワードに書評家・藤原香織さんと編集部が選んだ“男と女“の物語をご紹介。

    eclat五選

    2018年2月19日

  • 大人のこなれ感を出すジャケット・イン、スタイリスト村山佳世子さんが伝授 五選

    ジャケットスタイルは変幻自在。インさせるアイテムしだいで、コンサバにもモードにも、シーンすら超えて、おしゃれを後押ししてくれるもの。「だからといって、今回インに選んだアイテムは、特別なものばかりでもないんです」と村山さん。一枚で着るにはちょっとむずかしいアイテムも、ジャケットの力を借りることで、リアルクローズに落ち着くということも。おしゃれの幅をぐっと広げてくれる一着で、春らしい装いにトライして!

    eclat五選

    2018年2月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング