食卓に春ならではのごちそうを。ウー・ウェンさんの絶品サラダ 五選

2017年4月18日
芽吹きの春は、野菜にもこの時期特有のおいしさがある。「サラダは、野菜の持ち味を生かして下ごしらえし、シンプルに味つけするのがベスト」という、ウー・ウェンさん流の春サラダのレシピを紹介。

1.春のごちそうグリーンサラダ

野菜のうま味と香りが存分に生きた春爛漫の贅沢サラダ!

材料(2~3人分)

グリーンアスパラガス............ 4本
スナップえんどう..................100g
クレソン................................. 1束
菜の花...................................100g
鶏ささ身................................. 2本
A 粒マスタード.............大さじ1
  粗塩.....................小さじ1/ 4
  こしょう......................... 少々
  ごま油.......................大さじ1
粗塩....................................... 少々
太白ごま油....................大さじ1/2

作り方

❶グリーンアスパラガスは根元部分の皮をピーラーでむき、包丁の腹で軽くたたきつぶし、長さ3等分に切る。フライパンに太白ごま油を入れて中火で熱し、さっと焼いて粗塩をふる。
❷スナップえんどうのすじをとり、半分に割って開く。菜の花は長さ半分に切る。クレソンは3㎝長さに切る。
❸蒸し器に鶏ささ身を並べて5分蒸して、②のスナップえんどうと菜の花を入れてさらに1分蒸す。火を止めて野菜は取り出し、鶏ささ身はそのまま10分おく。
❹鶏ささ身を割いて、Aとしっかりあえる。
❺①、③の野菜をボウルに合わせ、粗塩をふってあえる。
❻⑤のボウルに④と②のクレソンを合わせ、よくあえる。

Wu Wen’s comment

春らしい緑の野菜を組み合わせて。アスパラは焼いて味を凝縮させ、豆類と菜の花は蒸して甘味をきわだたせます。味に変化をつけ、ボリュームを出すために鶏ささ身をプラス。野菜と一緒に蒸せば手間いらず。鶏ささ身にはしっかり味をつけて、野菜は薄味に仕上げます。
ウー・ウェン Wu Wen
料理研究家。中国の家庭料理をベースに、素材の持ち味を引き出すシンプルなレシピが人気。東京と北京でクッキングサロン(www.cookingsalon.jp)を主宰する。「『新』がつくものの多い春野菜は、特有の食感と甘味を生かし、えぐみを抜いて調理します」。

What's New新着記事

  • 買わないと帰れません!京都通が選ぶ「持ち帰り」の逸品 五選

    家路も旅のうち。京都の余韻に最後までとことん浸りたいあなたのために。エクラ世代の京都通が、「絶対に買って帰る!」と愛してやまない逸品とは?

    eclat五選

    2018年9月18日

  • 目利きが夢中になる、麗しマダムの美容ニュース 五選

    多くの美容情報の中から、エクラ世代の肌を変える力をもつ"効くコスメ・施術"を鋭く見ぬき、それらを駆使して美肌をキープしつづける美容業界のJマダムたち。そんな彼女たちが私的にハマっている特上の美容ネタ、ホントは人に教えたくない㊙情報をスクープ。その魅力を、リアルボイスとともに惜しみなくお届け。

    eclat五選

    2018年9月17日

  • パステルカラーと合わせてフェミニンに!秋の「ホイップグレー」 五選

    エクラ世代の新ベーシックカラー「ホイップグレー」に合わせたいのは、今年の秋冬に大充実のパステルカラー。肌映えのよい柔らかなきれい色はグレー合わせで簡単に取り入れ可能。心はずむ配色で幸せ見えもかなう!

    eclat五選

    2018年9月17日

  • 大人の京都旅のごほうびは、絶品甘味で! 五選

    素材や作り方からも"まじめさ""正しさ"が伝わってくる京都の甘味。ほっとひと息つく時間さえも極上にしてくれる、その幸せをかみしめたい! 京都通の推薦コメントも参考に。

    eclat五選

    2018年9月15日

  • 肌本来の透明感とおしゃれ感を引き出す「こっくりベリーリップ」 五選

    ここ数年注目の深い色合いのベリーはこの秋も豊富。肌の透明感を引き出し、女度もぐんと上げる効果はアラフィーこそ使いこなしたい色。ほかのメイクはミニマムにして、カジュアル服に合わせるのが千吉良流大人のおしゃれベリー使いバランス。「リラックスしたいシーンにこそつけてほしいカラー。フランスの大人の女性がノーメイクにリップだけぽんとベリーに染める。そんなイメージです。ぜひチャレンジを」(千吉良さん)。

    eclat五選

    2018年9月15日

FEATURE
ランキング