わがまま放題の義親戚、うまく対処するには?【実録「夫の実家」あれこれトラブル】

義家族とのトラブルを経験したマダムに、今後の夫の実家との付き合い方についてインタビュー。アラフィーになった今、改めて夫の実家問題を考える。何かと面倒くさい義理の親戚をうまく躱すには?

義家族とのトラブルを経験したマダム4人がノンストップ!赤裸々トーク!

義家族とのトラブルを経験したマダム4人
●A子:54歳、主婦。義弟の暴走に振りまわされ、それを止められない義両親に疑問を感じる日々。
●B子:47歳、会社員。独身義妹の将来を託されないように鈍感力を発揮。何事もスルーが信条。
●C子:50歳、主婦。義実家に近居の義妹から数々の攻撃を受け、怒りを通り越してあきらめの境地に。
●D子:51歳、美容師。タフな義母四姉妹を相手に天然力で対抗し、独自のポジションを獲得。

「私はダメな嫁」と認めるフリで角を立てずに義妹の攻撃をかわす

D子:きょうだいの話し合いで解決できないのはつらいですね。うちの場合、義母が一族を束ねるゴッドマザーで(笑)、夫はママの言いなりです。義母の故郷に3人で帰省すると約20人の一族に迎えられ、夜中まで大宴会。逆に一族のメンバーが東京に来るときは私がお店を予約してアテンドもするから、けっこうな負担になってます。

B子:C子は距離をおくことで問題解決できたけど、みんなは義実家にどう対応しているの?

D子:呼び名をつける+天然ちゃん作戦です。一族で特に危険なのが義母の姉2人と妹。4人にかわいい呼び名をつけて、話すときは「●●ちゃん」と親しみをこめて呼びかけると喜んでくれます。あとは、空気が読めない天然ちゃんのフリ。「この子に大事なことは任せられない」と向こうが勝手に思い込んでくれますよ(笑)。

A子:自分がアンタッチャブルになればいいんだ!(笑)

C子:私も途中から義妹に対してはダメな子の演技をしてました。「C子さんって気がきかないわね!」といわれたら、「なるほど、私がやるべきでしたね、ごめんなさーい」という感じです(笑)。


B子:私も鈍感力って大事だと思う。義実家から品物が送られてきても私からは何もいわず、ありがとうの連絡はすべて夫に任せています。気がきかないと勝手に思ってくれるから、ラクですよ。

いろいろあるけど明るく開放的な夫の実家が私は嫌いじゃない

C子:いろんなことをいったけど、義実家って案外悪いものじゃないという経験はありますか。

D子:うちの両親は気取ったタイプで、お金の話をするのは品がないと思ってます。一方、夫の実家は介護やお金のことをフランクに話し、義母の将来のことも決めてくれるので、嫁としてはラク。結婚して、明るくなんでも話す家族っていいなあと思いました。

B子:長い付き合いになるから、自分がラクでいられる方法を探すことが大事なんですね。

義親戚

╲アンケートにもこんなエピソードが!/

「義母の親戚が東京に遊びにきたがる。しかも義祖母も入れた家族6人で来てわが家に泊まるという。2LDKのマンションで10人がどうやって寝るの!?」(会社員・49歳)
「義父のきょうだいが野菜や田舎の銘菓を送ってくる。そして東京の高いお菓子を送ってくれと銘柄指定で要求される。これって倍返しですよね!」(主婦・48歳)
「帰省のたびに私の服やバッグをジロジロとチェックする義叔母たち!」(ショップ経営・52歳)

What's New

Feature
Ranking