夫婦で寝室&バスルームを分けたら快適に!トップネイリスト・渡邉季穂さんの住まいづくり

昨年引っ越しをしたばかりという、トップネイリスト・渡邉季穂さん。より快適な暮らしを求めて、渡邉さんが行ったこととは? 憧れのおしゃれなインテリアとともに、おうち時間を充実させるためのヒントを大公開。
●渡邉季穂さん(『uka』代表・トップネイリスト)
トータルビューティカンパニー『uka』代表としてサロン経営、サロンワークや媒体での創作、講師など幅広く活躍。ネイルケア&技術の普及に努める。その技術・センスには定評があり、著名人や美容関係者からの信頼も厚い。近著は『雰囲気からして美人』(ダイヤモンド社)。

より快適な暮らしを求め住まい方をアップデート

引っ越しを機に、渡邉さん夫婦は寝室とバスルームを別々にしたとか。

「当初はコロナ対策のためだったのですが、分けてみたらとても快適で。好きな時間にバスルームを気兼ねなく使えるし、眠りの質もよくなりました。なので『もうこのままでいいか』ってことになりまして(笑)」


お互いの寝室はコンパクトにし、一番広い個室を夫婦のクロゼットに当てて、すっきりと暮らせるようにも工夫したそう。クロゼットの窓辺にはメイクスペースも確保した。

「自然光でメイクする気持ちよさを日日実感しています」


リビングや廊下には、アート好きな夫が選んだ現代アートがセンスよく飾られている。ご夫婦ともに多忙を極める中、あふれる緑と好きなものに囲まれた家での豊かな時間が、日々の大きなエネルギーとなっているに違いない。

カッシーナ・イクスシーで購入した ゆったりとしたダイニングテーブル

カッシーナ・イクスシーで購入したゆったりとしたダイニングテーブルは、日々の食事はもちろん、友人を招いたり、仕事をする場としても大活躍。20年近く愛用する名作、キャブチェアも味わい深く経年変化している。棚の上にはお父さまから譲り受けたピカソのリトをさりげなく。

フロアランプ

テレビ台として使用するハラーシステムの横には、サンタ&コールのフロアランプを。

チェア

「座り心地がいいんです」というレザーの座面の軽やかなチェアもザ・コンランショップで。

ランプ

フランスの名作、ジェルデのランプ。

本棚

以前は3つ縦に並べていたという本棚。「この家では横置きのほうがいいかなと、横に2つ並べ、残りのひとつは夫の寝室に」。友人の河原シンスケさんの描いた絵やukaのネイルオイルなどが置かれている。

広々としたキッチン

「友人を招くときは持ち寄りで、ここでみんなで料理をすることも多いです」という広々としたキッチン。

収納棚

クロゼットの窓辺につくったメイクスペース。ドレッサーとして使用する収納棚はオーダーでつくったもの。

寝室

渡邉さんの寝室。最近のヒットはiPad用のスタンドだとか。「寝ながらドラマや映画を見たり、SNSをチェックするのが快適に」。窓辺のデスクで仕事をすることも。ベッドリネンやレースのベッドカバーはZARA HOME。

廊下

廊下には、現代アート好きな夫が購入したアートが飾られている。奥のアンティークの食器棚は渡邉さんがKEITAMARUYAMAで見つけた。中にはバカラのグラスなどを収納している。

What's New

Feature
Ranking