「ヴァン クリーフ&アーペル」花をテーマにした期間限定エキシビションを開催

「ヴァン クリーフ&アーペル」の期間限定エキシビション“LIGHT OF FLOWERS ハナの光”が4月22日(木)~5月9日(日)まで、代官山T-SITE GARDEN GALLERYにて開催されます。
ヴァン クリーフ&アーペル「LIGHT OF FLOWERS ハナの光」メイン
1906 年の創業時からメゾンが大切に守ってきた「花」のテーマにオマージュを捧げている「ヴァン クリーフ&アーペル」が、華道家 片桐功敦(かたぎり あつのぶ)氏とともに開催する、期間限定エキシビション“LIGHT OF FLOWERS ハナの光”。
ヴァン クリーフ&アーペル「LIGHT OF FLOWERS ハナの光」華道家 片桐功敦
片桐氏が「ヴァン クリーフ&アーペル」のジュエリーにインスピレーションを受けて創り出したのは、花々で彩られた魅惑的で生命力溢れる世界。エキシビションでは、メゾンの繊細で可憐なジュエリーの花々が日本の情趣と溶け合い、新たに詩的な姿を現します。
ヴァン クリーフ&アーペル「LIGHT OF FLOWERS ハナの光」手元
華やかで気品あふれるシャクヤク、爽やかな満開の花を咲かせるローズ ド ノエル、そよかぜに揺れるコスモスなど、ゴールドやダイヤモンドなどを用いて「花」の一瞬をとらえたジュエリー。水辺にたたずみ、その儚くも美しい人生を謳歌しているかのように生命力に満ち溢れた小さな花々と重なり合い、ノーブルな光の空間を生み出します。
メゾンのジュエリーは、柔らかい花びらの感触や花が表現するふとした一瞬の表情を捉えるなど、デザイン性を追求するだけではなく、花の細部を丁寧に観察していることへの証であると語る片桐氏。美しい花の世界を、ぜひ会場で。
ヴァン クリーフ&アーペル「LIGHT OF FLOWERS ハナの光」水仙
今回のエキシビションでは、花にまつわるさまざまなワークショップやトークイベントも充実。「In bloom~草花を纏う~」をテーマにしたお子様対象のワークショップでは、参加者が片桐氏とともに様々な植物を観察し、直接手にとり、それを身に纏うことで、花とひとつになる瞬間を楽しむことができます。

そして、オンライントークイベントには片桐氏や現代美術家の須田悦弘氏、イラストレーターの黒田潔氏が登場。現代を生きるクリエイターたちが「My Vision of Flowers(私にとってのハナ)」をテーマにトークを展開します。
ヴァン クリーフ&アーペル「LIGHT OF FLOWERS ハナの光」華道家 片桐功敦メイン

なお、エキシビションの観覧、イベントの参加には事前予約が必要となります。「ヴァン クリーフ&アーペル」のLINE アカウント(@vancleefarpels)、または公式サイトにて予約が可能なので詳細は確認を。(ワークショップはLINE予約制、先着順)

また、エキシビションに先駆け、5月9日(日)まで「ヴァン クリーフ&アーペル」銀座本店では、片桐氏が花にあふれるウィンドウディスプレイをデザイン。「ヴァン クリーフ&アーペル」のジュエリーにインスピレーションを受けた片桐氏が、金属造形作家 鈴木祥太氏の手を借りて「ハナの光」の世界をウィンドウに創り出しています。こちらもあわせてチェックしてみて。

【期間限定エキシビション “LIGHT OF FLOWERS ハナの光”】

日時:4月22日(木)~5月9日(日) (一般公開、入場無料)

11:00~20:00 (4月26日(月)、27日(火)、28日(水)のみ18:00 閉場)

場所: 代官山T-SITE GARDEN GALLERY

【オンライントークイベント “My Vision of Flowers”】

日時:4 月26日(月)片桐功敦氏、27日(火)須田悦弘氏、28日(水)黒田潔氏

各日 20:00~21:00

参加費:1,500 円

※エキシビションへの観覧、およびイベントには事前予約が必要です。詳細は公式サイトでご確認ください。

※新型コロナウィルス感染症対策のため、エキシビション会場ではご入場の際に人数制限を設けさせていただきます。また、状況により会期や日時を変更する場合がございます。

問い合わせ/ヴァン クリーフ&アーペル ル デスク Tel/0120-10-1906

What's New

Feature
Ranking