50歳の自分と、付き合いの長い義両親との関係は・・。

2017年5月6日
40代~50代のエクラ世代の間で、今いちばんの気がかりは「親のこと」。それも、夫の両親のこととなれば難しい事情を抱えていたり、一見、仲がよさそうに見えても実は……。そんなチームJマダムたちの胸の内を覗かせてもらった。ご紹介するエピソード、あなたにとっては他山の石? それとも対岸の火事?
アンケートに寄せられた回答のうち、夫の親との関係に悩んでいたりトラブルを抱えている人は48%だった。自分や周囲をみても、そんな感じかも・・。ほぼ妥当な数字か。内訳を見ると「義父義母ともに亡くなっているので、悩みはない」(N・主婦・50歳)という人が多かった。恐らくこれはエクラ世代だからこそ、30代だったら数字は違っていたかもしれない。ほかに「義両親は夫の長兄家族と同居。夫と長兄とは仲がよくないので義両親とも交流がなく、悩みもない。交流がなさすぎるのもよくないとは思っているが」(H・主婦・55歳)と、とりあえず現状は悩みなしのケースから「義両親はともに元気で、私たちに干渉もしない」(A・会社員・54歳)というよろこばしい(うらやましい?)声も。
義両親に関する気がかり&悩みのうち、トップは介護(もしくはその心配)問題。「義母の介護を5年。尽くしているのに報われず、悲しさや悔しさを通り越してただただむなしい」(J・カフェ経営・53歳)という声が胸に刺さる。ほかに「介護が始まって8年。義母は、長男(夫)が面倒を見るのが当たり前という人で、夫と交代で週2回顔を見せに行っているが午前中に行けないと理由をいちいち聞かれる。これって亡くなるまで続くんですよねぇ」(K・ライター・53歳)、「義父が要介護に。施設に入居したが、しょっちゅう電話をかけてきて、行けば不平不満ばかり言うのでげんなり」(U・会社経営・50歳)という声も。悩みに重い、軽いはないが「息子(私の夫)を神格化。息子のなすことすべてにハートマーク、という感じで、てんで話にならない」(M・主婦・49歳)というのが、かわいらしく感じられてしまう?

What's New新着記事

  • 50代女性のホンネ:男性と女性はいつまでたっても…

    男性と女性では、脳のつくりが違うのだそう。長くつきあっていると考え方が少しずつ似てくるような気もするけれど、ふとした時に、たしかに男女の間には深い深い溝があることを思い知らされる。でも、だからこそおもしろかったり、夫や恋人がかわいらしく見えたり。そんな男たちの生態について、Jマダムのみなさんに改めて聞いてみた。

    裏エクラ

    2017年10月14日

  • 50代女性のホンネ:私はこうして夫を手のひらで転がしています!?

    若い世代では、家事や育児を手伝ってくれる男子も少なくないけれど、アラフィー世代は微妙なところ。できることなら何もしたくない、亭主関白でいたい、という夫やパートナーも多い様子。そこで今回は、Jマダムたちに夫(あるいはパートナー、恋人)の操縦術を聞いてみた。

    裏エクラ

    2017年9月25日

  • 50代女性のホンネ:ホントは自慢したいこと

    50代ともなればもう若い頃にように「私は〜なの!」とわざわざ周囲に自分をアピールすることはないけれど、実は自分でも誇りに思っていること、ものがあるのでは? そこで「あえて自慢しないけれど、ホントは自慢したいこと」について聞いてみたところ……Jマダムたちがますます輝き続ける理由がわかってきた。

    裏エクラ

    2017年9月9日

  • 50代女性のホンネ:私だけの密かな楽しみとは……

    仕事や家庭、子育て&子離れ、夫との関係、親の介護、異性関係……などさまざまな問題を抱えているアラフィフ世代。それでもJマダムのみなさんが前を向いて元気に歩いていけるのは、趣味や好きなことを持っているから? みんなの”自分だけのひそかな楽しみ”を教えてもらった。

    裏エクラ

    2017年8月26日

  • 50代女性のホンネ:女性同士のおつきあい、本当はどう?

    エクラ8月号特集『50歳からの女友だち』によれば、多くの人が「親友」と呼べる人を持ち、概ね良好な”女友だち関係”をキープしている様子。「年齢が上がるほど友だちを作るのはむずかしい」と言われるが、50歳以降に友だちができたJマダムは7割という結果となった。とはいえ、仲のいい友だちとだけつきあっていられないのが人生というもの。いったんこじれると厄介な女性同士のつきあい、Jマダムはどう乗り切っている?

    裏エクラ

    2017年7月8日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング