50歳の自分と、付き合いの長い義両親との関係は・・。

2017年5月6日
40代~50代のエクラ世代の間で、今いちばんの気がかりは「親のこと」。それも、夫の両親のこととなれば難しい事情を抱えていたり、一見、仲がよさそうに見えても実は……。そんなチームJマダムたちの胸の内を覗かせてもらった。ご紹介するエピソード、あなたにとっては他山の石? それとも対岸の火事?
アンケートに寄せられた回答のうち、夫の親との関係に悩んでいたりトラブルを抱えている人は48%だった。自分や周囲をみても、そんな感じかも・・。ほぼ妥当な数字か。内訳を見ると「義父義母ともに亡くなっているので、悩みはない」(N・主婦・50歳)という人が多かった。恐らくこれはエクラ世代だからこそ、30代だったら数字は違っていたかもしれない。ほかに「義両親は夫の長兄家族と同居。夫と長兄とは仲がよくないので義両親とも交流がなく、悩みもない。交流がなさすぎるのもよくないとは思っているが」(H・主婦・55歳)と、とりあえず現状は悩みなしのケースから「義両親はともに元気で、私たちに干渉もしない」(A・会社員・54歳)というよろこばしい(うらやましい?)声も。
義両親に関する気がかり&悩みのうち、トップは介護(もしくはその心配)問題。「義母の介護を5年。尽くしているのに報われず、悲しさや悔しさを通り越してただただむなしい」(J・カフェ経営・53歳)という声が胸に刺さる。ほかに「介護が始まって8年。義母は、長男(夫)が面倒を見るのが当たり前という人で、夫と交代で週2回顔を見せに行っているが午前中に行けないと理由をいちいち聞かれる。これって亡くなるまで続くんですよねぇ」(K・ライター・53歳)、「義父が要介護に。施設に入居したが、しょっちゅう電話をかけてきて、行けば不平不満ばかり言うのでげんなり」(U・会社経営・50歳)という声も。悩みに重い、軽いはないが「息子(私の夫)を神格化。息子のなすことすべてにハートマーク、という感じで、てんで話にならない」(M・主婦・49歳)というのが、かわいらしく感じられてしまう?

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと②

    「やめたらラクになったこと」に寄せられた回答から、いかに「思い込み」や周囲を気にしての「〜するもの」という常識が自身を縛っているか、ということが浮きぼりに。そしてその呪縛から解き放たれたときには、「心身ともに、この上なくラクになった」という声が多かった。この先の人生、より自分らしく生きていくためにも、手放せるものは手放したい……。そんなあなたに参考になりそうな、Jマダムの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月22日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと

    なんとなく惰性で続けてきたことや、よかれと思ってやっていることは、ないだろうか?実は、それが自分の心や体を縛っているのかも。「やめる」という選択をしてラクになった、チームJマダムのみなさんの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月8日

  • アラフィー女性のホンネ:やってみたら、意外と簡単だったこと①

    「無理」、「できるわけない」、「恥ずかしい」とあきらめていたことに思い切って挑戦してみたら意外と簡単で、気持ちまで前向きに……そんなチームJマダムたちの”プチトライ”を公開! マンネリ気味な日常から抜け出すヒントがもらえそうだ。

    Jマダム通信

    2018年8月11日

  • アラフィー女性のホンネ:ああ、懐かしのバブル時代②

    華やかなりしバブル時代、そして若かりしあの頃を振り返る第2弾。チームJマダムのみなさんは、どんな時に「自分はバブル世代だな」と思うのだろう。「あるある」から世代論的なコメントまで、なかなか興味深い回答が寄せられた。

    Jマダム通信

    2018年7月28日

FEATURE
ランキング