アラフィーの「たるみ顔」悩みは美容クリニックで解消できる?

マスク生活のせいか、たるみが気になってきたという人が急増。マスクを外すと「私、こんなに老けてた?」と愕然。改善するには、やっぱり医療の力が必要? 美容ジャーナリストの近藤須雅子さんに、最新の美容医療状況について聞いた。

181人が回答! 緊急!美容アンケート調査

※編集部が行ったメルマガアンケートより45~59歳の女性の回答を抜粋。

Q.加齢による一番の悩みはなんですか?

Q.加齢による一番の悩みはなんですか?:たるみ70%、シミ22%、しわ8%
たるみ70%、シミ22%、しわ8%

Q.どの部分のたるみが気になりますか?(複数回答)

Q.どの部分のたるみが気になりますか?(複数回答):フェイスライン87人、口もと・あご83人、頰69人、目の下57人、目の上28人、首まわり28人
フェイスライン87人、口もと・あご83人、頰69人、目の下57人、目の上28人、首まわり28人

Q.今までに美容医療を受けたことはありますか?

Q.今までに美容医療を受けたことはありますか?:YES27%、NO73%
YES 27%、NO 73%

Q.たるみ治療に興味はありますか?

Q.たるみ治療に興味はありますか?:YES79%、NO21%
YES 79%、NO 21%

美容ジャーナリスト 近藤須雅子×美容医療初心者 編集Kが考える

アラフィーは「たるみ治療」と、どう向き合ったらいい?

美容ジャーナリスト 近藤須雅子

美容ジャーナリスト 近藤須雅子

数多くの媒体で美容記事を執筆。なかでも美容医療に詳しく、その最前線を長年取材する。著書『プチ整形の真実』(講談社文庫)も好評。

編集K マスク生活のせいか、最近、たるみが気になってきました。マスクなしで鏡に向かうと「私、こんなに老けてた?」って。マスクをつけているとほうれい線や輪郭のゆるみが全部隠れるから、はずしたときのギャップがすごいんです。

近藤 たるみって徐々に進行するから気づきにくいんですよね。

編集K 改善するには、やっぱり医療の力が必要でしょうか。読者アンケートでも興味をもっているエクラ世代は多いですよね。

近藤 美容医療でもたるみ治療は難関なんですよ。シミやしわは皮膚だけの問題ですが、たるみは脂肪や筋膜にまでかかわる本格的な衰え。本気で治すには、実は皮膚を切り取って縫い縮めるフェイスリフト手術しかないんです。

編集K それはハードすぎる……。

近藤 ですよね。そういう声を受けて、20年ほど前から切らないたるみ治療の開発が急激に進展し、今では日本が世界一、二を争う先進国なんです。

編集K よかった! 具体的にはどんな治療法があるんですか。

近藤 たるみは、脂肪や骨など中身が減って皮膚が余ってしまう“げっそり系”と、皮膚がゆるんで脂肪の重みを支えられない“下ぶくれ系”に大きく分かれますが、前者はヒアルロン酸などの注入、後者は医療用マシンで皮膚を引き締める治療が主流になっています。
編集K 私はげっそり系かも。

近藤 マシンや注入する薬剤の痛みやリスクが年々低下し、効果も向上していて、今でははっきり実感できるレベルです。

編集K 治療をやめたらガクッと一気に老けるという心配は?

近藤 やめた時点からまたエイジングがすすみますが、リバウンドはないでしょう。逆にどんなにがんばっても、老化を止めるのは無理。

編集K それはそうですよね。年齢を否定する気はないですし。

近藤 でも、外見は老けてきたのに気分は若いままで、気持ちがついていかないってことないですか。

編集K いつまでも気だけ若くて、自分の年齢に愕然とします。

近藤 気持ちが追いつくまで、容姿の衰えに少しスローダウンしてもらいたいですよね。そのために美容医療に仲裁に入ってもらい、自分の年齢や老いと和解する……たるみ治療って、そんな意味もあるんじゃないかなと思います。

美容クリニックの主な「たるみ治療」とは?

“げっそり系”の人向け注入系施術:ヒアルロン酸注射など

「顔の骨粗鬆症(こつそしょうしょう)」と呼ばれるほど、加齢によって頭蓋骨も収縮する。また脂肪や皮膚の厚みも減ってくると、覆っていた皮膚が余り、たるむことに。こうした“げっそり系”には、減ってしまった中身をヒアルロン酸などで補う注入治療を。

“下ぶくれ系”の人向け照射系施術:サーマクール、HIFUなど

娘に比べて母の顔が大きく見えるのは、ガードルのように脂肪をぴたっと押さえ込んでいた肌がゆるんできたため。その結果、重みが下に集まる“下ぶくれ系”には、たるみ対応の医療用マシンを照射し、ゆるんだ肌を引き締める施術を。

  • 顔の引き締め効果を実感!「NEWAリフト」使いこなしテクを美容のプロが伝授

    美容医療メニューで使われているサブマイクロ波(RF)に機能を絞り込んだ美顔器「NEWAリフト」。エクラ4月号の「人気ヘア&メイク推しのたるみ解消美顔器企画」で大好評を博し、もっと知りたい! 実際どのくらい引き上がるの?という声が続出。その声に応え、ヘア・メイクアップアーティストの森ユキオさんが使いこなしテクニックをレクチャーしてくれた。

What's New

Feature
Ranking
Instagram