ニオイやベタつきを防ぐ「正しいシャンプー方法」を人気美容師が直伝!【大人の「頭皮ケア」集中講座】

美容師歴20年以上、ヘアケアアイテムの開発にもかかわる美容師のCHIEさんが、ニオイやベタつきを発生させないための正しいシャンプー方法を伝授! 洗い方、使用アイテムの見直しで不快感と決別を。
教えてくれたのは…
美容師 CHIEさん

美容師 CHIEさん

代官山のヘアサロン『PearL』主宰。トレンドヘアの提案はもちろん、エクラ世代の顧客を多く抱え、ヘアケアや頭皮ケアにも精通。

NG! こんな洗い方をしていませんか?

✓最初の予洗いは10秒程度
✓シャンプーを直接地肌につける
✓頭を下げ、下向きで洗っている

「サロンワークをしていて、実は男性よりも女性のほうが頭皮のニオイが気になることが! 髪が長いため蒸れていたり、流し足りなかったり、頭皮が乾燥していたり。原因はさまざまですが、まず必要なのは洗い方を正しい方法にリセットすることです」(CHIEさん、以下同)

《全員MUST!》まずは洗い方を見直す

【ニオイ&ベタつき撲滅、6つのポイント】

頭皮のブラッシングで地肌の汚れを浮かせる

1.頭皮のブラッシングで地肌の汚れを浮かせる

先端に丸みがある頭皮用ブラシを使用し、地肌を刺激するようにブラッシング。ブラシがない場合は、手ぐしで地肌を揺らすようにジグザグとなぞってもOK。

予洗い時間は2分以上。しっかり地肌をぬらす

2. 予洗い時間は2分以上。しっかり地肌をぬらす

髪と地肌が十分にぬれていないと、泡立ちが悪く摩擦の原因に。いつもの予洗い時間の倍以上をかけてしっかりぬらす。シャワーのお湯は40℃を目安に。

シャンプーは手のひらで広げてから塗布する

3. シャンプーは手のひらで広げてから塗布する

500円玉くらいの量をとり、手のひら全体に広げる。十分に広げずに髪に塗布すると、直接頭皮にシャンプーの原液がつく原因になり、乾燥を引き起こす場合が。

ハチの部分(側頭部)でシャンプーを泡立てる

4. ハチの部分(側頭部)でシャンプーを泡立てる

手のひらに広げたシャンプーをハチの部分に塗布し、手のひらで髪と頭皮を大きく動かすと、空気の入った細かい泡が立つ。量が足りない場合は3の方法で追加を。

頭を起こした状態で頭頂部へ向かって洗う

5. 頭を起こした状態で頭頂部へ向かって洗う

4で立てた泡を髪全体に行き渡らせ、襟足や側頭部、生えぎわから頭頂部へ一定方向に地肌を洗う。頭を起こして洗ったほうが、毛穴の汚れが下に流れやすい。

シャワーヘッドを地肌につけて“ため洗い”を

6.シャワーヘッドを地肌につけて“ため洗い”を

ぬめり感がなくなるまでしっかりすすぐ。シャワーヘッドを地肌に当てると、髪のすき間にお湯が滞留して“ため洗い”ができるので、地肌の隅々まですすぎやすい。

タンクトップ¥3,300 /イェッカ ヴェッカ 吉祥寺(イェッカ ヴェッカ)
  • 梅雨時の「頭や首のコリ」「どんより感」を解決! 初夏の頭皮ケア②

    家での慣れないデスクワークや梅雨による気圧の変化。頭や首のコリが原因で、なんとなく気分が冴えないという人も多いのではないでしょうか。今回はそんなどんより感を解消し、少しでも快適に過ごすための頭皮ケアを特集。美容ライター・北林が、実際使って効果があった3品の「コリ解消」アイテムをご紹介します!

What's New

Feature
Ranking
Instagram