可愛いあの仔がやって来た!

新しい家族(チワワの姫さま)をお迎えしました〜ペットロスからお迎えまで〜
こんにちは、haruです。

14年と10ヵ月連れ添ったヨークシャテリアの姫さま(女の子)がお星様になって2年と少しが経ち、ようやく心が落ち着き始めた桜の季節、犬種は違えどヨークシャテリアの姫さまに面影のあるチワワの姫さまをお迎えしました。

そうですね。季節が変わってしまいましたね。ブログを書こうとすると、どうしてもヨークシャテリアの姫さまのことが思い出され、中々書くことが出来ませんでした。


ヨークシャテリアの姫さまがお星様になる1年前位から体調を崩し入院することが多くなり、2ヵ月前位からは入退院の繰り返しで、治療・面会とほぼ毎日動物病院へ行っていました。

この時は病気のこと以上に入院をすると離れ離れになり、一緒にいれないことがすごく悲しかったです。


そして最期の時、点滴を必要としていた姫さまは、お家で家族皆んなで見送りたい。という願いも叶わず、動物病院で独り旅立って行きました。


姫さまが虹の橋を渡り、誰にも看取られずに独り旅立たせてしまい、こんなことならずっと家に帰りたがっていたのだから、先生の反対を押し切ってでも連れて帰ればよかった。と自分を責めて後悔の日々。

いつも一緒にいたヨークシャテリアの姫さまがいなくなり、胸が引き裂かれるように痛く私の心にはぽっかりと大きな穴があいてしまいました。

我が家には、ミニチュアダックスフンドの王子(男の子、12歳)もいるのですが、〇〇ちゃん(ヨークシャテリア 姫さまの名前)は?と聞くと、フワフワと部屋を見渡して寂しそうな顔をしています。

そうして、姫さまが最後まで病気と闘い頑張った動物病院は、私にとってとても辛い場所になりました。

チワワ  赤ちゃん 仔犬
目が離れているところと、情けないお顔が先代姫さまと似ているのです。
そんなある日、運命の日が訪れます。

ブリーダーさんのHPに ヨークシャテリアの姫さまに似たチワワの姫さまがいるではありませんか。しかもヨークシャテリアの姫さまに晩年出てきた模様も、同じ箇所にあります。

実はこの2年少しの間にも2回似ている仔を見つけました。探して探してやっと見つけたけれど、お迎えをするとワクチンなどで何度も動物病院へ行かなくてはなりません。

辛い場所となった動物病院。困ったことにお世話になった病院だけでなく、どの病院を見ても心が苦しくなるので、出掛ける時も道を避けて通っているのに…果たしてまた行くことが出来るのだろうか。
そうやって心が決まらずにいる間に、お迎え先が決まっていきました。



しかし今回は違います。
チワワ の姫さまをお迎えしたい。と心は決まっているのに、動物病院の事だけが引っ掛かって先に進めないでいる私に「この仔だと思える仔に出会えることなんて滅多にないんだから。早くしないと」と主人の言葉に後押しをされて腹を括ります。

ブリーダーさんへ、営業時間一番に見学予約の電話をかけました。

見学はコロナ感染対策のため1日3組までなのですが、週末にも関わらず当日に予約することができました。
この電話から、見学・お迎えまで本当にトントン拍子で。
ご縁のあることは、スムーズに事が運ぶ。と言いますけど、こういうことを言うのですね。
(そう言えば、主人と結婚する時もこんな感じだったな。なんて思い出したりして)



チワワの姫さまをお迎えするにあたりブリーダーさんよりメッセージ(お手紙)をいただきました。

そこには、『チワワの姫さまのママが命がけで生み 大事に大事に育ててきたことと、今日からは人間の子供と同じように大事に育ててほしいということ。

そして、限りある命、長生きしてもらいと思うのは皆んな一緒。でも何年生きるかなんて誰にも分からない。だから何年生きたということよりも、その日その時を幸せに楽しく暮らしていくことを大事にしてほしい。』ということが書かれていました。



このメッセージを読み、私はあまりにも最期の時のことばかり考え過ぎていたことに気付かされました。

1.5キロと小振りなヨークシャテリアの姫さまをバッグに入れて、ご近所から旅行まで一緒にお出掛けをしたことや、王子と私の膝の上の取り合いをして負け知らずだったことなど、数えきれない程のかけがえのない日々を、あまりにも深い悲しみで思い出すことすら出来ないでいました。

思い返すと、どの場面も笑顔のヨークシャテリアの姫さまがいます。
笑顔でいてくれたということは、きっと毎日楽しく幸せでいてくれたと、そう思うのです。

ブリーダーさんからのメッセージで、心が救われ軽くなっていくのがわかりました。


haru家、チワワの姫さまをお迎えして新たな出発です。
さてさて、王子さまとお姫さま、今日はどんな楽しいことをして過ごしましょうか。
haru

haru

東京都在住。ファッション、美容、食べ歩き、レザークラフトや白い布を染めて作るアートフラワー 等、感性にふれたものを形にすることが大好き。アラフィー世代が更に美しく輝くために楽しんで発信していきます。

Instagram:udaharu.bonheur7777

What's New

Feature
Ranking
Instagram