シンプルな中にも魅力がキラリ 美しい北陸・近畿の銘菓 五選

2017年6月14日
シンプルでもどこか洗練された印象をもつ関西と、モダンかつ端正なしっとりとした美しさが特徴の北陸。それぞれ異なる魅力を備えた、北陸・近畿地方の銘菓を一挙ご紹介。

1/5

2/5

3/5

4/5

5/5

1.【福井県】羽二重餅総本舗松岡軒「羽二重餅」
羽二重餅発祥の老舗。福井の名産であった羽二重の質感を、もち米と水飴で和菓子に表現し、絹織物そのものの印象。「しみじみおいしく、ふんわりとした食感。長年変わらぬその実力を改めて実感しました」(河合映江さん)。¥583(6袋入り) 

●福井県福井市中央3の5の19 
☎0776・22・4400
habutae.com/
2.【石川県】中田屋「きんつば」
「洗練された小豆の甘さがちょうどいい。安定の味です」(北村美香さん)。ふっくらと炊かれた大納言小豆はこのうえなく上品な甘さ。小豆を包む薄皮も繊細なおいしさで、あんことのバランスが秀逸。"職人技"を物語る。¥780(5個入り)

●石川県金沢市東山3の4の30 
☎076・252・1048 
www.kintuba.co.jp/
3.【滋賀県】和た与「でっち羊羹」
1863年創業の老舗。商家に奉公に出ていた丁稚さんたちが、帰郷の折に奉公先へのおみやげにしたのが名前の由来。貞明皇后にも献上、好まれたという。「竹皮に包まれた蒸し羊羹は甘さもすっきり。大人の味です」(瀬古篤子さん)。¥260(1本) 

●滋賀県近江八幡市玉木町2の3 
☎0748・32・2610
watayo.com/
4.【三重県】菓子の館 とね「梅干」
梅肉をたっぷり入れた羊羹で白あんを包み、甘酸っぱい味わい。「上品な甘さに梅の香りがアクセントになり、くせになるおいしさ。梅干しのような形もかわいい」(色井綾さん)。地元では贈答に人気。¥720(8個入り) ※伊賀焼の器入りも。

●三重県津市本町26の20
☎059・226・4343
tonekashikan.co.jp/
5.【奈良県】総本店柿寿賀「柿寿賀」
「柚子の皮の甘露煮を干し柿で巻いた、組み合わせが楽しいお菓子。薄くスライスしていただきます」(石村由起子さん)。いにしえから滋養の源とされたのが干し柿。素朴ながらもお菓子のルーツと"奈良の雅"を感じる味。¥1,200(1本) 

●奈良県奈良市高畑町1119 
☎0742・20・1717 
kakisuga.co.jp/

ここもおすすめ!

【富山県】薄氷本舗 五郎丸屋「T五」
1752年創業の老舗が作る美しい色あいの干菓子。富山特産の新大正米と上質の和三盆を使用。「モダンな印象で、和三盆の優しい甘さが魅力。桜、抹茶、柚子、ごま、和三盆と5つの味が楽しめます」(杉野朋子さん)。¥700(5枚入り)

●富山県小矢部市中央町5の5 
☎0766・67・0039
www.usugori.co.jp/

What's New新着記事

  • パリ&ミラノの、すぐに役立つ今夏の最新トレンド 五選

    パリとミラノの街から抽出した、大人ならではのトレンドの取り入れ方を、マダムたちの実例で一挙にご紹介。すぐに参考になる5つのおしゃれの傾向は要チェック!

    eclat五選

    2017年8月22日

  • 同窓会当日は、メイクのマジックで即席−10歳肌 五選

    今の自分に自信をもって、友人たちと素敵な時を過ごしたい。同窓会当日は、見た目年齢を操るツボを押さえたメイクアップで決まり! 当日の朝でもできることを、ヘア&メイクアップアーティストの藤原美智子さんがお教えします。

    eclat五選

    2017年8月21日

  • 目利きのプロが分析、ミラノのベーシック&モダンな着こなし 五選

    「ミラノには新旧のマダムスタイルが素敵に混在する」と話すのは、大人のセレクトショップ『ストラスブルゴ』の執行役員、植原ほのさん。今までのミラノ訪問は15年間べ約60回。「地区ごとにおしゃれのムードが変わり、ミラノマダムの存在感が再び浮き彫りになって、これからが楽しみ」という植原さんが、ミラノマダムのベーシック&モダンなスタイルを解説。

    eclat五選

    2017年8月20日

  • 豊かな香りもごちそう 日本の夏、香味野菜の夏!

    さわやかな香りとすっきりした辛味、ほろ苦さが魅力の夏の香味野菜。eclat9月号ではおもてなしにも使える香味満載の絶品レシピをご紹介。

    eclat五選

    2017年8月19日

  • 狐野扶実子さんが解説!パリジェンヌのお仕事&オフスタイル 五選

    パリ在住後、現在も年に5〜6回渡航している狐野扶実子さん。「自分を見て選ぶ」ことが日常的に身についているパリマダムたちを見て、「着たい服と似合う服は違うんだと、私にはそれがとても新鮮な発見でした。いい意味でおしゃれが自分本位。装うことを楽しむ姿勢がとても健康的で素敵です。」と話す狐野さんが、パリジェンヌのお仕事着ルールとオフスタイルを分析!

    eclat五選

    2017年8月18日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
  • 全国津々浦々J47

    都道府県コンシェルジュやエクラトラベル班が全国のとっておきの情報を発信!

  • eclat5選

    ファッションやビューティ、ライフスタイル情報をピックアップして毎日お届け!

  • にゃんスタ

    大人の癒し♡インスタグラムからかわいいねこちゃん写真をお届け!

ランキング