【50歳、もう一度学び直す】カウンセリングサービス開業を視野にいれて資格を取得!

アカデミックなものから趣味的なものまで、今、再び学びの門をたたく人が増えている。時間やお金にも余裕が出てくるアラフィー世代は、学び直しのベストタイミングなのかもしれない。実際に資格を取得し、起業という目標に向けて邁進する春日理奈さんに話を聞いた。

「終活」や「夫婦関係」など、今の興味を副業に生かしたい

秘書・春日理奈さん(50歳)

資格を統合的に生かしたカウンセリングサービスを

「昨年4カ月間で、4つの資格を取得しました。どれも、将来の開業を視野に入れて選んだものばかりです」という春日理奈さん。

35歳で離婚して以来、家計を支えるために仕事に邁進してきたが、ここ数年で、ふたりの子供が独立。コロナ禍も重なり、働き方を見直したとき、頭をよぎったのが、「雇ってくれる先が見つからなくなったらどうするのか」「興味のある分野で、人の役に立つ仕事がしたい」という思い。それらが、「資格を取得し、いずれ開業」という目標につながった。目ざすのは、終活や夫婦問題などを統合的にカウンセリングするサービスの提供だ。

「昔から、友人に悩みを相談されることが多く、私自身も心の問題に関心がありました。40代半ばでヒプノヒーリングセラピーと出会い、自分の内面と向き合うことで、心が満たされ、ポジティブになれるということを、身をもって体験したのも大きかったですね」

春日理奈さん

昨年春、親族の介護のために退職し、時間に余裕ができたことから、通信教育を受講。一日3~6時間勉強し、行動心理士、夫婦カウンセラー、マネーライフプランナー、終活ライフケアプランナーの資格を、立て続けに取得した。

「最さいご)を迎えるとき、多くの人が後悔するのは、『チャレンジしなかったこと』だそうです。人生100年といいますが、自分が思うように動ける期間は、意外と短いもの。やりたいことがあるなら、思いきって飛び込んだほうがいい。それを今、実感しています」

介護が落ち着いた昨冬、春日さんは再就職。まずは、安定した収入を確保しながら、副業でカウンセリング業を始め、独立の道を探りたいと話す。

「コーチングやアロマセラピーなど、まだまだ学びたいことはたくさんあります。自分の興味や関心があることを学べるのは、とても楽しいし、幸せなこと。これからも、チャレンジしつづけられる自分でいたいと思います」

春日理奈さん
「終活ライフケアプランナーでは、人生じまいに必要な知識や心構え、制度を、マネーライフプランナーでは、老後資金のつくり方や公的保障などを、夫婦カウンセラーでは、夫婦仲の改善や卒婚、離婚について学びました。行動心理士やヒプノヒーリングセラピーは、カウンセリングの際の参考になります」という春日さん。
【50歳、もう一度学び直す】カウンセリングサービス開業を視野にいれて資格を取得!_1_3
独立に向け、オリジナルプログラムも作成している。

学びの履歴書

’18年 ヒプノヒーリングセラピーの講座を3カ月間受講し、セラピストの資格を取得

’21年 会社をやめたタイミングで通信教育を受講。それぞれ3カ月コースだったが2~3週間ずつ、集中して勉強し、5月に行動心理士と夫婦カウンセラーを、7月にマネーライフプランナーと終活ライフケアプランナーの資格を取得

What's New

Feature
Ranking