カジュアル、辛口、女らしい!アラフィーの新しい女性像 五選

2017年9月1日
年齢を重ねることで、さらに輝きを増すアラウンド50。そのリアルなスタイルを、エクラの3人のスタイリストと検証してみた。アラフィー=Jマダムのおしゃれはますます軽やかに、みずみずしく磨かれ続けている!

2.インパクトあるニットを大人のムードある装いに

「振り返れば私も含め、アラフィーは若いころからいろんなおしゃれに挑戦してきた世代。おしゃれが好きなのは、もはや生活の一部のよう。青春時代にはカジュアルスタイルを満喫し、ハイブランドの実力も実感。ファストファッションとだって向き合える。しっかりとした軸をもっているので、モードとの付き合い方も上手ですよね。若いころの経験値をベースに、その審美眼はさらに磨かれているように感じています」(スタイリスト 村山佳世子さん)。
ざっくりとした表情のあるニットは、ケーブル模様がどこかノスタルジックかつ長い袖がエッジーなデザイン。グレーのワントーンの着こなしになじませつつ、シャープなフォルムの小物で今の空気感を加え、きりりと楽しげに装って。
ニット¥40,000/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店(エリン) パンツ¥28,000/SUNSPEL 表参道店(サンスペル) ベルト¥44,000/J&M デヴィッドソン 青山店(J&M デヴィッドソン) バッグ¥325,000/デルヴォー・ジャパン(デルヴォー) 靴¥82,000/ピエール アルディ 東京(ピエール アルディ)

What's New新着記事

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング