カジュアル、辛口、女らしい!アラフィーの新しい女性像 五選

2017年9月1日
年齢を重ねることで、さらに輝きを増すアラウンド50。そのリアルなスタイルを、エクラの3人のスタイリストと検証してみた。アラフィー=Jマダムのおしゃれはますます軽やかに、みずみずしく磨かれ続けている!

5.意外性のある配色、さりげないレース使いで媚びない女性らしさ

「酸いも甘いも味わい、身をもって実感した大人の女性たちには、人としての礎があり、ベースには、むしろハンサムな知性さえも宿っています。だからこそためらわずに、そして好感度高く女らしさを装うことができるのかも。自然な女性らしさを肯定して演出することができるのは素敵なことですね」(スタイリスト 池田奈加子さん)。
布帛(ふはく)とレースのコンビネーションが新鮮なスカートは、斜めに下がる独特のデザインで、動きに合わせてはためくシルエットまでもが優雅。一見シンプルなようで、グリーンのニットは、ほのかに透けた手首などディテールで女性らしいデザインがポイントに。意外性の高い配色が、いや味のないフェミニンさを導き出してくれる。
ニット¥98,000・スカート¥110,000/イザ(ヌメロ ヴェントゥーノ) バッグ¥385,000/ヴァレクストラ・ジャパン(ヴァレクストラ)

What's New新着記事

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング