カジュアル、辛口、女らしい!アラフィーの新しい女性像 五選

2017年9月1日
年齢を重ねることで、さらに輝きを増すアラウンド50。そのリアルなスタイルを、エクラの3人のスタイリストと検証してみた。アラフィー=Jマダムのおしゃれはますます軽やかに、みずみずしく磨かれ続けている!

4.マキシ丈ワンピからのぞいた素肌感さえもおしゃれの一部

「女性らしくいることを楽しもうとする人が、確実に増えていると思うのがこの世代。素肌はこれ見よがしに見せるよりも、ちらりとほのめかすほうが女性らしいことを知っている。ヒールだって華奢なものばかりではない。そこはかとなく女性らしさを漂わせる魅力が黒という色にあることを知っているのもそう……」(スタイリスト 池田奈加子さん)。
つやめくシルク素材の黒ワンピースは、それだけで十分にドラマティックな雰囲気。その上にまとったたっぷりシルエットのレザージャケットが着こなしを品よくマーク。スリットからのぞいた足もとは、太めヒールサンダルできりりと。
レザージャケット¥232,000・ワンピース¥147,000(ともにスポーツマックス)・バッグ¥114,000・靴¥59,000(ともにマックスマーラ)/以上マックスマーラ ジャパンピアス¥270,000・ブレスレット各¥425,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)

What's New新着記事

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング