カジュアル、辛口、女らしい!アラフィーの新しい女性像 五選

2017年9月1日
年齢を重ねることで、さらに輝きを増すアラウンド50。そのリアルなスタイルを、エクラの3人のスタイリストと検証してみた。アラフィー=Jマダムのおしゃれはますます軽やかに、みずみずしく磨かれ続けている!

4.マキシ丈ワンピからのぞいた素肌感さえもおしゃれの一部

「女性らしくいることを楽しもうとする人が、確実に増えていると思うのがこの世代。素肌はこれ見よがしに見せるよりも、ちらりとほのめかすほうが女性らしいことを知っている。ヒールだって華奢なものばかりではない。そこはかとなく女性らしさを漂わせる魅力が黒という色にあることを知っているのもそう……」(スタイリスト 池田奈加子さん)。
つやめくシルク素材の黒ワンピースは、それだけで十分にドラマティックな雰囲気。その上にまとったたっぷりシルエットのレザージャケットが着こなしを品よくマーク。スリットからのぞいた足もとは、太めヒールサンダルできりりと。
レザージャケット¥232,000・ワンピース¥147,000(ともにスポーツマックス)・バッグ¥114,000・靴¥59,000(ともにマックスマーラ)/以上マックスマーラ ジャパンピアス¥270,000・ブレスレット各¥425,000/ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク(ティファニー)

What's New新着記事

  • 大人のこなれ感を出すジャケット・イン、スタイリスト村山佳世子さんが伝授 五選

    ジャケットスタイルは変幻自在。インさせるアイテムしだいで、コンサバにもモードにも、シーンすら超えて、おしゃれを後押ししてくれるもの。「だからといって、今回インに選んだアイテムは、特別なものばかりでもないんです」と村山さん。一枚で着るにはちょっとむずかしいアイテムも、ジャケットの力を借りることで、リアルクローズに落ち着くということも。おしゃれの幅をぐっと広げてくれる一着で、春らしい装いにトライして!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 「持っててよかった!」を実感。いま、買い足すべき黒デニム 五選

    「最近どうもデニムが似合わない」そんなモヤモヤを抱えているなら、ぜひブラックデニムを取り入れてみてほしい。インディゴにはないスタイリッシュさ、下半身をすっきりと細見えさせてくれるシャープさ、デニムならではのこなれ感はエクラ世代にこそうれしい要素。今どきなブラックデニムが一本あれば、さまざまなシーンで活躍すること間違いなし!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 昼間のミモレワンピースは、カジュアルムードの中にさりげない女らしさを 五選

    スカートで使いやすさは実証ずみのミモレ丈。この春はさらにワンピースが充実。素材や色使い、ディテールで女らしさを取り入れた一枚なら、パートナーとのお出かけにも活躍。カジュアルムードのデイタイムには、スタイルアップのワザありデザインを選んで!

    eclat五選

    2018年2月18日

  • 美味しいもの好きは今、岡山に! 瀬戸内海に面した山海の幸の宝庫、岡山の食の五選

    山海の幸はもちろん、農作物も豊富にして上質。そんな岡山を訪れる人が今、増えている。お目当ては料理、そしてその先にあるつくり手や美しい自然……。東京から新幹線で3時間あまり、関西からなら1時間。目ざす価値のある「岡山の食」をeclat 3月号でご紹介。

    eclat五選

    2018年2月15日

  • 結論!大人スニーカーで頼れるのは「スタンスミスの白」 五選

    トレンドに左右されない定番であり、カジュアルが苦手な人でも履きこなせるスニーカーを考えたとき、行きついたのはこの1足。「スタンスミス」は伝説のテニス選手、スタン・スミスをたたえるべく、1973年に命名。今やファッション界からの注目度もNo.1、有名ブランドとのコラボも多数。クリーンな白レザーとスマートなフォルムは「カジュアルすぎず、大人の着こなしにハマる!」と評判!

    eclat五選

    2018年2月13日

Recommendおすすめ記事

FEATURE
ランキング