50代のための紅葉スポット!②買い物の途中で、イチョウ並木を散策

Jマダムおすすめの紅葉スポットを紹介する連載第2回は、都会のイチョウ並木。ショッピングのついでに、女友達とのランチの帰りに、のんびりそぞろ歩くのもオツなもの。映画の1シーンのようなヒロイン気分を味わえる…かも⁉
50代のための紅葉スポット!②買い物の途中で、イチョウ並木を散策_1_1
熊本県庁前の、ライトアップされたイチョウ並木。
九州の見どころやグルメに詳しい、熊本県在住のKさん。ふだんの買い物などでよくバスの中から眺めているというのが、熊本県庁の正門前広場に伸びるイチョウ並木だ。

「熊本城は銀杏城とも呼ばれ、加藤清正公の時代から熊本にはイチョウが多く植えられています。なかでも県庁前のイチョウ並木は80m以上も続き圧巻。あたり一面が黄色に色づく秋の風景には目を奪われます。夜間はライトアップされ、幻想的な美しさです」

夜のイチョウ並木を、大切な人と静かに歩いてみてはいかが。
50代のための紅葉スポット!②買い物の途中で、イチョウ並木を散策_1_2
横浜市の日本大通りのイチョウ並木。写真中央の建物は横浜情報文化センター。
横浜生まれ・横浜育ちのUさんがおすすめするのは、横浜スタジアムのある横浜公園からまっすぐ伸びる、日本大通りのイチョウ並木。

「日本大通りは歩道が広く、西洋を感じる古い建物が多いので飽きません。途中にある、昭和初期に建てられた横浜情報文化センターの1階にあるレストラン『ランチャン アヴェニュー』の窓際の席から、イチョウ並木が見渡せますよ。イチョウ並木の銀杏の匂いが気になるようなら、ベイエリアの観光スポットを周遊する『あかいくつ』というバスがおすすめです」

このイチョウ並木を歩いて海辺の山下公園に抜けるルートを、よく友人と歩くという。

「山下公園前のホテルニューグランド『ラ・テラス』でアフタヌーンティーをいただくのが楽しみです」

気のおけない女友達とランチをし、他愛もないおしゃべりをしながら秋の日差しの中をのんびり歩く。心も体もリフレッシュ間違いなし!

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!②

    「穴があったら、入りたい」第2弾は、思い出すだけで今でも顔が赤くなる、あるいは冷や汗タラリの失言&言い間違い。一度出た言葉は引っ込められないというけれど、大丈夫、年月がすべてを解決してくれているはず!

    Jマダム通信

    2019年5月11日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!①

    40年、50年と生きていれば、赤面モノのミスの1つや2つ、あろうもの。でも、思い出すだけで、今でも穴があったら入りたい。そんなあなたのために、Jマダムたちの華々しい(!)エピソードをご紹介。読めば「私だけじゃない」と、心の傷がちょっぴり癒やされるかも。

    Jマダム通信

    2019年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

    新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?

    Jマダム通信

    2019年4月13日

  • アラフィー女性のホンネ:「私って、持ってる!?」と感じた瞬間

    各地から桜の開花の便りも届きはじめて、いよいよ春到来! 暖かくなると気持ちも軽く、明るくなるような。ということで話題も明るく、「私って、持ってる!?」。たまたま、あるいは勘違いであったとしても、そんなこと感じる瞬間があるだけで心が弾み、前を向いて歩いていけそうな気がしない?

    Jマダム通信

    2019年3月23日

  • アラフィー女性のホンネ:アラフィーになって、新たにチャレンジしていること

    アラフォーから始めてよかったこと、始めておけばよかったことを振り返ってもらった今回のアンケート。さまざまな反省を踏まえ、あるいは気持ちも新たに、「アラフィーになってからチャレンジしていること」についても聞いてみた。

    Jマダム通信

    2019年3月9日

FEATURE
ランキング