味がしっかり染みた自家製にしんが美味しい 「晦庵 河道屋のにしんそば」

2017年10月26日
創業300年余の京都の老舗。3日間かけて作る自家製にしんは箸でほぐれるほど軟らかく、長年、追い足し続けているタレで炊くため、味もしみていている「晦庵 河道屋のにしんそば」をご紹介。
創業300年余りの老舗。にしんを炊くのには手間ひまを要するため、現在は、にしんの甘露煮を仕入れて出しているそば店も多いとか。3日間かけて作る自家製にしんは箸でほぐれるほど軟らかく、長年、追い足し続けているタレで炊くため、味もしっかりしみている。山の芋入りのそばもふわふわ独自の食感。¥1,300(税込)

☎075-221-2525
中京区麩屋町通三条上ル 11:00 〜19:30(LO) 休木曜

What's New新着記事

FEATURE
ランキング