大好き!ペット④夫の仕事に同伴? 自由人な黒猫

Gさん宅の黒猫くんは青空生まれの保護施設育ち。今も猫ドアから自由に外と中を行き来しているが、あまりにもご主人のことが好きすぎて、まるで忠犬ハチ公のような状態に⁉
大好き!ペット④夫の仕事に同伴? 自由人な黒猫_1_1
9年前、家族旅行で訪れた猫の施設で、里親を探しているたくさんの猫たちの中から黒猫くんを引き取ることに。

「その頃義母の病気を心配していて、黒猫は守り神という言い伝えからこの子にご縁を感じて。手足がスラリと長く、しっぽもまっすぐ。毛艶もよく、すごいハンサムくんなんですよ」

生後4か月まで青空っ子で外の楽しさを知っている黒猫くんのために、玄関に猫ドアを取り付け、行き来自由に。

「夫のことが大好きなのですが、夫の仕事についていってしまい、夫があわてて連れて帰ってきたこともありますし、駅からの帰り道でこの子に会い、一緒に帰ってきたことも。猫なんだけど犬のような、どこか不思議な愛らしい子です」

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!②

    「穴があったら、入りたい」第2弾は、思い出すだけで今でも顔が赤くなる、あるいは冷や汗タラリの失言&言い間違い。一度出た言葉は引っ込められないというけれど、大丈夫、年月がすべてを解決してくれているはず!

    Jマダム通信

    2019年5月11日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!①

    40年、50年と生きていれば、赤面モノのミスの1つや2つ、あろうもの。でも、思い出すだけで、今でも穴があったら入りたい。そんなあなたのために、Jマダムたちの華々しい(!)エピソードをご紹介。読めば「私だけじゃない」と、心の傷がちょっぴり癒やされるかも。

    Jマダム通信

    2019年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

    新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?

    Jマダム通信

    2019年4月13日

  • アラフィー女性のホンネ:「私って、持ってる!?」と感じた瞬間

    各地から桜の開花の便りも届きはじめて、いよいよ春到来! 暖かくなると気持ちも軽く、明るくなるような。ということで話題も明るく、「私って、持ってる!?」。たまたま、あるいは勘違いであったとしても、そんなこと感じる瞬間があるだけで心が弾み、前を向いて歩いていけそうな気がしない?

    Jマダム通信

    2019年3月23日

  • アラフィー女性のホンネ:アラフィーになって、新たにチャレンジしていること

    アラフォーから始めてよかったこと、始めておけばよかったことを振り返ってもらった今回のアンケート。さまざまな反省を踏まえ、あるいは気持ちも新たに、「アラフィーになってからチャレンジしていること」についても聞いてみた。

    Jマダム通信

    2019年3月9日

FEATURE
ランキング