大好き!ペット④夫の仕事に同伴? 自由人な黒猫

2017年11月28日
Gさん宅の黒猫くんは青空生まれの保護施設育ち。今も猫ドアから自由に外と中を行き来しているが、あまりにもご主人のことが好きすぎて、まるで忠犬ハチ公のような状態に⁉
9年前、家族旅行で訪れた猫の施設で、里親を探しているたくさんの猫たちの中から黒猫くんを引き取ることに。

「その頃義母の病気を心配していて、黒猫は守り神という言い伝えからこの子にご縁を感じて。手足がスラリと長く、しっぽもまっすぐ。毛艶もよく、すごいハンサムくんなんですよ」

生後4か月まで青空っ子で外の楽しさを知っている黒猫くんのために、玄関に猫ドアを取り付け、行き来自由に。

「夫のことが大好きなのですが、夫の仕事についていってしまい、夫があわてて連れて帰ってきたこともありますし、駅からの帰り道でこの子に会い、一緒に帰ってきたことも。猫なんだけど犬のような、どこか不思議な愛らしい子です」

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと②

    「やめたらラクになったこと」に寄せられた回答から、いかに「思い込み」や周囲を気にしての「〜するもの」という常識が自身を縛っているか、ということが浮きぼりに。そしてその呪縛から解き放たれたときには、「心身ともに、この上なくラクになった」という声が多かった。この先の人生、より自分らしく生きていくためにも、手放せるものは手放したい……。そんなあなたに参考になりそうな、Jマダムの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月22日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと

    なんとなく惰性で続けてきたことや、よかれと思ってやっていることは、ないだろうか?実は、それが自分の心や体を縛っているのかも。「やめる」という選択をしてラクになった、チームJマダムのみなさんの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月8日

  • アラフィー女性のホンネ:やってみたら、意外と簡単だったこと①

    「無理」、「できるわけない」、「恥ずかしい」とあきらめていたことに思い切って挑戦してみたら意外と簡単で、気持ちまで前向きに……そんなチームJマダムたちの”プチトライ”を公開! マンネリ気味な日常から抜け出すヒントがもらえそうだ。

    Jマダム通信

    2018年8月11日

  • アラフィー女性のホンネ:ああ、懐かしのバブル時代②

    華やかなりしバブル時代、そして若かりしあの頃を振り返る第2弾。チームJマダムのみなさんは、どんな時に「自分はバブル世代だな」と思うのだろう。「あるある」から世代論的なコメントまで、なかなか興味深い回答が寄せられた。

    Jマダム通信

    2018年7月28日

FEATURE
ランキング