“ウェルネス観光25選”を旅する、 ソウルと近郊、美容旅①

自分と向き合う。美しくなるソウル近郊旅

2017年12月16日
次のソウル旅、3泊4日で韓国美容をたっぷり吸収しにいきませんか?渡韓歴20回を越す、ライターKが見つけたのが、2017年に完成した”ウェルネス観光25選”という、健康と癒しが目的の観光スポットリスト。このリストを頼りに美容旅を計画してみました。まずは、ソウルから車で1時間ほどのウェルビーイングリゾートへ。おこもりデトックスならここ!
 ”ウェルネス観光25選”とは、韓国の文化体育観光部と韓国観光公社が選出した、健康と癒しが目的の観光スポット。そのリストのなかからまず向かったのが、おこもりデトックスができる”ヒーリアンスソンマウル”です。京畿道と江原道の境にある、知る人ぞ知るリゾートで、ヒーリアンスはヒーリングとサイエンスから、ソンマウルのソンは仙人の仙、マウルは村を意味します。最近は、海外旅行に飽きた人たちが心身の癒しを求めて通っていると聞けば、この宿の充実ぶりは伝わるはず。30万平方メートルという広大な山間の敷地は、著名な精神科医イ・シヒョン”村長”がヘリコプターに乗り見つけた理想郷。ここは、長寿がもっとも多いという海抜250~350メートルの地でもあります。10月に増築完成したばかりの棟の2階の部屋は、シンプルモダン。枕に頭を載せると、大きな天窓を、星がまるでプラネタリウムのように瞬いていて感激。朝も目覚めると、青い空を雲が流れていきます。アメニティも皮膚科で扱っている「イージーデューデイリー」のものだったり、ゆったりした部屋に用意された部屋着も素敵で着心地も良く、シンプルながらきめ細やかな配慮が伺えます。訪れた日は平日だったのにもかかわらず多くの人で賑わっていて、健康への関心の高さを目の当たりにしました。

 この「村」は生活習慣を見直すリゾートで、心、運動、正しい食事、睡眠のリズムを体感。限られた場所でしか電波が繋がらずデジタルデトックスもでき、喫煙も部屋からかなり離れたところでしかできません。ダイニングのテーブルには30分の砂時計が置かれ、フルーツから始める食事は、30回咀嚼して、30分かけて食べることを奨励しています。こちらのビュッフェスタイルの食事が、手作り、地産地消にこだわっていてとってもおいしい!油を控え、フルーツや自家製玄米酢などで味付けするなど、普段の食事のヒントにもなります。桃の花茶など、美しい花茶もたくさん揃い、おいしいラテの飲めるカフェも。朝鮮杉の森の散策で毛布にくるまって瞑想したり、最高のヒーリングという焚き火で焼き芋を食べたり(韓国のサツマイモはねっとり甘くて、本当においしい!)。”心の香り”という香りとマッサージのプログラムやストレッチ、炭酸泉、岩盤浴のできるスパもあり、長期滞在する人が多いのにも頷けます。
  • 全ての施設が高台にあり、広大な敷地をたくさん歩くのが日課
  • ダイニング棟。後ろにスパ棟が。自家製の味噌の甕も庭に
  • ある日の夕食。たっぷりのサラダにはりんご。秋刀魚が美味!
  • シンプルモダンな客室は快適。季節ごとの景色に癒されます
  • 床暖房もあり冬も暖か。夏は山なので冷房がなくても過ごせる
  • ゆったりした服まで用意されている。色が韓国らしく綺麗
  • 自宅でも再現できるようにと料理教室などのアクティビティも
  • 自家製の玄米酢やコチュジャン、パンやお茶も販売
  • サンスクリーンまでアメニティにあるのが素晴らしい!
  • この日は栗ご飯!たくさん歩いた後だからおいしさ倍増!
  • 桃の花のお茶など、韓国ならではのハーブティーが揃います
  • 森の散歩途中、落ちていた朝鮮松の香りが忘れられません

What's New新着記事

  • 手書きのひと手間で心遣いが伝わる! “一筆箋”は大人のたしなみ

    Eメール全盛の昨今、受け取るといっそううれしくなるのが手書きのメッセージ。そんな中、手紙ほど重苦しくなく、気軽に使えるという理由で愛用者が増えている「一筆箋」。便箋よりも手軽に書け、心が伝わる「一筆箋」の上手な使い方を専門家に伺いました。大人の「女子力」を高めよう!

    ライフスタイル

    2018年10月16日

  • 熱海の「南蛮」は、目でいただきます。

    編集Bのつれづれ

    2018年10月16日

  • 流れる、たれる、はみ出す乳をストップ! 美乳エクササイズ3【50代のお悩み・上向き美乳】

    ツンとハリのあったバストも、年齢とともになだれのように形がくずれてくる……。でも「そういう年だから仕方ない」と諦めるのには早い! 美しいバストにかかわる周囲の筋肉をアプローチすることで何歳からでもバストアップが可能です。美のプロが、胸が流れる、たれる、はみ出すのを食い止める簡単エクササイズを伝授!

    50代のお悩み

    2018年10月14日

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

  • アラフィーの美乳をかなえる!正しい下着の選び方【50代のお悩み・上向き美乳】

    ツンとハリのあったバストも、年齢とともになだれのように形がくずれてくる……。でも「そういう年だから仕方ない」と諦めるのには早い! 美しいバストにかかわる周囲の筋肉をアプローチすることで何歳からでもバストアップが可能です。美のプロが、バストの位置をキープする正しいブラジャーのつけ方と下着の選び方をお教え!

    50代のお悩み

    2018年10月13日

FEATURE
ランキング