キラリと光るプチギフト④味もパッケージもおしゃれ♡レアなフランス発スイーツ

2018年1月23日
スイーツと言えば、フランス。珍しいスイーツに目がない女性なら、めったに手に入らないフランス菓子を前に、目がハートになることウケアイ。そんなレアなスイーツはこちら!
神戸や芦屋の一流を知るチームJマダムのFさん。プチギフトの定番といえば、原材料の50%以上がフルーツでできた、贅沢なフランス産ゼリーだそう。

「フルーツ本来の味わいを存分に楽しめるひと口ゼリー。甘すぎず上品な味で、ブック型の箱もフランスらしくて素敵。お店では18種類の中から好みのものを詰め合わせてもらえます。プチサイズだけれどラグジュアリー感があるので、感謝の気持ちを伝えるには最適です!」

パリキャラメル社と独占輸入契約を結び、日本で唯一「ル・ボヌール 芦屋」だけで手に入る。

パート・ドゥ・フリュイ/ル・ボヌール 芦屋
6粒入り ¥1,728(税込)
3種類の詰め合わせセットあり。
http://shop.lebonheur-jpn.com/
Mさんがよくプチギフトに利用するのは、東京の洋菓子店アルカションの小さなフランス菓子「デュネット」。オーナーシェフが修行したフランスの店マルケの特許商品で、日本ではアルカションだけに製造が許可されている。

「コニャック、松の実、アーモンドをふんだんに使ったフランスのお菓子。お手ごろ価格なのに、手に入りにくいプレミアム感とほかにはない不思議な味わい、おしゃれなパッケージがプチギフトにぴったり! 気軽に差し上げられるので、月に1~2回は登場します」

珍しいスイーツが好きな女友達に喜ばれそう。

デュネット/アルカション
8個入り ¥850ほか。
https://www.facebook.com/pg/patisserie.arcachon/

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:2018年 うれしかったこと、トホホだったこと①

    北の国から雪の便りが届くようになり、街にはクリスマスのイルミネーションが輝いて、いよいよ師走らしくなってきた。2018年は、チームJマダムのみなさんにとってどんな1年だったのだろう。まずは、「トホホだったこと」。あちこちから「あるある」「わかるわ〜」の声が聞こえてきそうだ。

    Jマダム通信

    2018年12月8日

  • アラフィー女性のホンネ:老後、夫とふたりきりの生活に不安はある?

    前回に続き、夫のリタイア後について。「不安」はないか聞いてみると、アラフィーというのは、夫との関係性はもちろん、自分の人生についてあらためて考え直す時期なのだなあと実感する結果となった。

    Jマダム通信

    2018年11月24日

  • アラフィー女性のホンネ:「夫とふたりきり」の生活になったらしたいこと

    ふと気がつけば街の樹々の葉も色づきはじめていて、季節はすっかり秋。夜が長くなると考えごとをする余裕もでてきたのでは? そこで、みなさんに聞いてみました。「夫のリタイア後、何をしたい?」

    Jマダム通信

    2018年11月10日

  • アラフィー女性のホンネ:私を凍りつかせた一言

    ハロウィンが近づいてきて、街にはカボチャやおばけがいっぱい。さすがにもう、子どもたちのように怖がることはないけれど、大人の社会にはもっと背筋の凍るようなことが……。Jマダムたちの心を凍りつかせた一言について、聞いてみた。

    Jマダム通信

    2018年10月27日

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

FEATURE
ランキング