50代女性のホンネ:断捨離して、よかったこととは……

2018年1月27日
今年こそ無駄なものを整理したい。暮らしがすっきりすれば心にもゆとりができるはず。そう思いながらも、なかなか重い腰が上がらない人も少なくないのでは? そこで、断捨離成功者たちの声を集めてみると、その効果は想像以上だった。
「断捨離をしたら部屋がスッキリ、暮らしやすくなった」というのはもちろんのこと、どうやら思わぬ宝物が手に入るらしい。「身の回りをすっきり片付けると、よい運気が巡ってくるようです。わが家では、娘が大学に合格しました」(FN・47歳)。福の神はきれい好きなのね。さらに、こんな人たちも。「売りに出していた実家。不要なものを処分して片づけたら即、買い手がついた」(K・54歳)、「古くなったバッグと財布を処分したら雑誌のプレゼントに当選。ものすごく素敵なバッグとお財布を手に入れた」(AU・46歳)。「手放すと入る」とよく言われるけれど、それは真実のよう。
そして、実は最も多かったのが「お金」の話。「たまった書類を整理していたら、なんと5万円発見!」(NK・48歳)、「書類の山を片づけていたら、2万円が入った封筒を発見」(NR・44歳)、「使わなくなったバッグを捨てようと思い、一応中身を確認したところ万札が!」(HH・52歳)。もともとあったお金だとわかっていても、これはうれしい。また、不用品がお金に化ける(!)ケースも多い様子。「使わないバッグや貴金属はブランドリサイクルショップに持っていき、お小遣いやヘソクリに」(IT・51歳)、「25年前に購入したフェラガモのバッグ、で7500円で引き取ってもらえた」(OM・47歳)、「父親の趣味で集めていた大量の鞄をフリマで販売。思いがけずよく売れ、そのお金でごちそうを食べました」(CK・47歳)。だんだん断捨離する気になって……きた?
断捨離はモノの処分だけにあらず。「ウォーキングダイエットをして10か月で63kgから53kg、10kgの減量に成功しました。ブカブカになった服も『また着るかも』と取っておくとリバウンドを招きそうなので、すべて処分。おかげで減量後の体重をキープできています」(TM・50歳)。また、「SNS上で、イラッと感じる投稿をする人のフォローを片っ端からはずした。ストレスがなくなり、気分すっきり」(CN・48歳)と人間関係の断捨離に成功した人も。手放したからこそ、手に入れた自由。すてきな毎日を送れますように。

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:2018年 うれしかったこと、トホホだったこと①

    北の国から雪の便りが届くようになり、街にはクリスマスのイルミネーションが輝いて、いよいよ師走らしくなってきた。2018年は、チームJマダムのみなさんにとってどんな1年だったのだろう。まずは、「トホホだったこと」。あちこちから「あるある」「わかるわ〜」の声が聞こえてきそうだ。

    Jマダム通信

    2018年12月8日

  • アラフィー女性のホンネ:老後、夫とふたりきりの生活に不安はある?

    前回に続き、夫のリタイア後について。「不安」はないか聞いてみると、アラフィーというのは、夫との関係性はもちろん、自分の人生についてあらためて考え直す時期なのだなあと実感する結果となった。

    Jマダム通信

    2018年11月24日

  • アラフィー女性のホンネ:「夫とふたりきり」の生活になったらしたいこと

    ふと気がつけば街の樹々の葉も色づきはじめていて、季節はすっかり秋。夜が長くなると考えごとをする余裕もでてきたのでは? そこで、みなさんに聞いてみました。「夫のリタイア後、何をしたい?」

    Jマダム通信

    2018年11月10日

  • アラフィー女性のホンネ:私を凍りつかせた一言

    ハロウィンが近づいてきて、街にはカボチャやおばけがいっぱい。さすがにもう、子どもたちのように怖がることはないけれど、大人の社会にはもっと背筋の凍るようなことが……。Jマダムたちの心を凍りつかせた一言について、聞いてみた。

    Jマダム通信

    2018年10月27日

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

FEATURE
ランキング