50代女性のホンネ:ナイショの買い物、したことある?

洋服、バッグ、ジュエリー……買い物って、なんて心が踊るものなのだろう。それがナイショで買ったものなら、なお一層、ドキドキするもの。Jマダムのみなみなさまの、”ナイショ買い”事情を探ってみた。
50代女性のホンネ:ナイショの買い物、したことある?_1_1
今回、アンケートにご協力いただいた30人のうち、「夫(パートナー)にナイショで買ったモノがない」と答えたのは7人だった。「ない」理由は、「自分で稼いでいるから」「独身時代の蓄えがあるから」。一方、「ナイショで買ったモノがある」人は8割近くもいたわけだけれど、興味深いのは、自分で収入を得ていても買ったことをナイショにしている人がいるということ。「ナイショのほうがワクワクするかも。公然と買ってしまうと”当たり前”で嬉しさが半減してしまう」(NN・49歳)、「自分のお金でも、好きなモノをナイショで買うのは気分爽快!」(SN・49歳)。やっぱり、ナイショは「蜜の味」なのね。
50代女性のホンネ:ナイショの買い物、したことある?_1_2
ナイショの買い物の金額としては「10万円以下」が大多数だったが、3ケタの人も!「独身時代の蓄えで、美顔器(30万円くらい)、エステなどなど合計すると100万円はいくと思う」(NN・49歳)、「コート80万、バッグ30万、靴10万、宝石類20万などなど…自分の収入で」(HH・53歳)。さらには「ジャイアンツの年間シーズンシート。1席150万円を2席」(SS・51歳)、つまり、サンビャクマンエンですね。すごい、と思いきやこんな人も。「洋服、バッグ、ジュエリー、美容グッズ、化粧品、エステなどの美容費。それぞれ20〜100万円くらい」(NM・51歳)。って、いったいいくらに? 
50代女性のホンネ:ナイショの買い物、したことある?_1_3
そこで、ナイショがバレなかったか尋ねてみると、「気づいていない」と答えた人が11人と約半数だった。自分のお金で買った場合、夫(パートナー)が気づかなくても不思議はないけれど、自分のお金ではなくても気づかれないとは、うれしいような、ちょっとさびしいような。ちなみに、SSさんは「へそくり」、NMさんは「主人名義の通帳から引き落とし」。それほどの金額でも、ナイショにしておける方法が知りたい……。なお、気づかれないためのテクとして「11万円で買ったヴィトンのバッグ。旦那さんがいるときには使わないので、気づかれない!」(SE・47歳)、「クレジットカードだと気づかれてしまうので、キャッシュで」(CK・48歳)という声があった。ふむふむ、メモメモ。次回は、ナイショがバレた時の相手の反応と、そしてその場をどうやり過ごしたか、みなさんの経験談をご紹介。お楽しみに!

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!②

    「穴があったら、入りたい」第2弾は、思い出すだけで今でも顔が赤くなる、あるいは冷や汗タラリの失言&言い間違い。一度出た言葉は引っ込められないというけれど、大丈夫、年月がすべてを解決してくれているはず!

    Jマダム通信

    2019年5月11日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!①

    40年、50年と生きていれば、赤面モノのミスの1つや2つ、あろうもの。でも、思い出すだけで、今でも穴があったら入りたい。そんなあなたのために、Jマダムたちの華々しい(!)エピソードをご紹介。読めば「私だけじゃない」と、心の傷がちょっぴり癒やされるかも。

    Jマダム通信

    2019年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

    新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?

    Jマダム通信

    2019年4月13日

  • アラフィー女性のホンネ:「私って、持ってる!?」と感じた瞬間

    各地から桜の開花の便りも届きはじめて、いよいよ春到来! 暖かくなると気持ちも軽く、明るくなるような。ということで話題も明るく、「私って、持ってる!?」。たまたま、あるいは勘違いであったとしても、そんなこと感じる瞬間があるだけで心が弾み、前を向いて歩いていけそうな気がしない?

    Jマダム通信

    2019年3月23日

  • アラフィー女性のホンネ:アラフィーになって、新たにチャレンジしていること

    アラフォーから始めてよかったこと、始めておけばよかったことを振り返ってもらった今回のアンケート。さまざまな反省を踏まえ、あるいは気持ちも新たに、「アラフィーになってからチャレンジしていること」についても聞いてみた。

    Jマダム通信

    2019年3月9日

FEATURE
ランキング