愛しのキッチン道具③夫婦のコーヒータイムに欠かせない相棒

2018年6月19日
夫婦でゆったりとドリップコーヒーを楽しむのが、ここ最近の習慣だというSさん。注ぎ口が細い電気ケトルを手に入れたら、ご主人はすっかり本格的なバリスタ気分に!
コーヒー豆の種類や挽き方にこだわりのある、Sさんのご主人。夫婦でゆったりとコーヒータイムを楽しもうとネット通販で手に入れたのが、『ラッセルホブス』の電気ケトル。

「注ぎ口がコーヒーポットのように細く長くなったデザインなので、ドリップするときに注ぐお湯の量を絶妙な匙加減で調整できると、主人は大満足しています。電気ケトルに夫婦二人分の水を入れてスイッチを押すと、ドリップの準備ができる前にはお湯が沸いているので、ケトルのままドリップ開始。コーヒーポットにお湯を入れ替える手間がはぶけて気に入っています」

料理中にお湯が必要になったときなど、コンロをふさがない電気ケトルは何かと重宝。数あるキッチン道具の中で、一番活躍している家電だとSさんは言う。

「ラッセルホブスの電気ケトルは、カップ1杯分のお湯が1分でできると言われますが、本当に早く沸かせることができるので助かっています。こまめに磨いて、長く愛用したいです」

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:2018年 うれしかったこと、トホホだったこと①

    北の国から雪の便りが届くようになり、街にはクリスマスのイルミネーションが輝いて、いよいよ師走らしくなってきた。2018年は、チームJマダムのみなさんにとってどんな1年だったのだろう。まずは、「トホホだったこと」。あちこちから「あるある」「わかるわ〜」の声が聞こえてきそうだ。

    Jマダム通信

    2018年12月8日

  • アラフィー女性のホンネ:老後、夫とふたりきりの生活に不安はある?

    前回に続き、夫のリタイア後について。「不安」はないか聞いてみると、アラフィーというのは、夫との関係性はもちろん、自分の人生についてあらためて考え直す時期なのだなあと実感する結果となった。

    Jマダム通信

    2018年11月24日

  • アラフィー女性のホンネ:「夫とふたりきり」の生活になったらしたいこと

    ふと気がつけば街の樹々の葉も色づきはじめていて、季節はすっかり秋。夜が長くなると考えごとをする余裕もでてきたのでは? そこで、みなさんに聞いてみました。「夫のリタイア後、何をしたい?」

    Jマダム通信

    2018年11月10日

  • アラフィー女性のホンネ:私を凍りつかせた一言

    ハロウィンが近づいてきて、街にはカボチャやおばけがいっぱい。さすがにもう、子どもたちのように怖がることはないけれど、大人の社会にはもっと背筋の凍るようなことが……。Jマダムたちの心を凍りつかせた一言について、聞いてみた。

    Jマダム通信

    2018年10月27日

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

FEATURE
ランキング