とっておきのレストランから手土産まで 秋の最旬グルメ情報五選

2016年10月5日
エクラ世代の女性におすすめしたい、話題のレストランやワンランク上の手土産など、eclat11月号に掲載中の旬のグルメ情報をご紹介。

1.「アンテプリマ」が初めて手がけるレストランが登場『アンテプリマ カーサ・クチーナ』

「白海老とくたくた野菜のパスタ からすみ添え」¥2,800。ブロッコリー、カリフラワー、かぶを煮込んでソースがわりに。白海老とからすみのコクをパスタにからめて
日本のファッションを世界へ発信するブランド「アンテプリマ」。今夏、銀座みゆき通りに国内最大級の旗艦店をオープンし、当ブランド初のレストランを併設。「カーサ・クチーナ(家のキッチン)」という名前どおり、広いカウンターテーブルに、ベンチシートのある半個室はゆったりくつろげる空間だ。厨房では、名店『アロマフレスカ』出身の古澤正広シェフが腕をふるう。伝統の味から和のエッセンスを加えたメニューまであり、意外な裏メニューに出会えるかもしれない。例えば、山椒のミートソースにたっぷりパクチーをのせたパスタ。山椒のさわやかな風味にパンチのあるパクチーが見事に調和。デザートのカンノーロも甘味と苦味が混ざり合い絶品。ひとひねりある味に、食べ慣れた大人にこそ通ってほしい店だ。
  • 「仔牛のカツレツ」¥3,200。燻製のモッツァレラチーズをはさんだミラノ風カツレツ。こちらでしか手に入れられない20年熟成のバルサミコ酢をソースに
  • シェフカウンターを見ながらの食事。カウンターテーブルは栗の木 
  • 看板なしの隠れ家風な入り口
  • イタリア・トスカーナのワイナリーから直接買い付けているハウスワイン。パスタやオイル、バルサミコ酢などの食材も販売 
  • 日本の食材を研究し、引き出しをさらに増やしている古澤正広シェフ
東京都中央区銀座5の5の12 B1 
☎03・3572・8151
11:30〜14:30LO、17:30〜21:30LO 
㊡日曜(月曜が祝日の場合は日曜営業、月曜休み)
ランチコース¥3,800〜、ディナーコース¥10,000〜

What's New新着記事

  • 夏のおもてなしにも使える!噂のカレーレシピ 五選

    「○○さんのカレーが絶品!」。そんな噂がたつほどおいしいカレーをリサーチ。松田美智子さんのささっと作れるのにうま味抜群のカレー、久保田加奈子さんの野菜が主役の気分が上がる夏カレー、「大岩食堂」シェフ・大岩俊介さんの最小限のスパイスで再現した南インド風カレー……。長年の試行錯誤の末にたどりついた、永久保存版のレシピを紹介します。

    eclat五選

    2018年7月16日

  • 名品バレエシューズクローズアップ 五選

    唯一無二の魅力で、今また人気が再燃中のバレエシューズ。もはや殿堂入りの名品から、新進気鋭の注目株まで。バレエシューズの「今」を知る、5つのブランドにフィーチャー。

    eclat五選

    2018年7月15日

  • 見た目マイナス3℃を目ざす、「黒」の上手な取り入れ方 五選

    ルーズになりがちな夏のコーディネートに加えればきちんと感がアップするブラック。重くならず、涼しげに見せてくれる取り入れ方を伝授!

    eclat五選

    2018年7月14日

  • キーワードは鱧、鮎、氷!「夏の京都」最新美味案内 五選

    注目を集める新しい和食店が多く誕生している京都。予約困難になる前に、夏の風物詩を味わうべく駆けつけたい。暑い時期だけ登場するかき氷も、秋を待たずに「今」京都に行くべき大きな理由!

    eclat五選

    2018年7月13日

  • 亜希、夏着物でお出かけ。緑陰に惹かれて、大人の街・目白へ 五選

    しゃりっとした綿や麻、透け感が美しい絹の縮。清涼感のある素材をまとい、街へ出かけよう。お屋敷の風情が残る、大人の街を散策した亜希さん、軽やかな夏の装いに、きものへの憧れがいっそう募った。目白は徳川家、細川家ゆかりの土地柄。落ち着きのある住宅街に溶け込むように、店主の個性が光る小さなお店が点在する。そんな古きよき街には、和の装いがなじむ。明石縮、小千谷縮、伊勢型浴衣……、涼感たっぷりなきものと帯でお散歩へ。

    eclat五選

    2018年7月12日

FEATURE
ランキング