おしゃれな人に大人気! “南インドカレーを最小限のスパイスで再現”【永久保存版カレーレシピ】

2018年7月21日
今、感度の高い女子に人気の南インドカレー。この赤道に近い暑い地域のカレーは、豆や野菜がメインで、サラリとしてスパイシー、汁気の多いタイプ。赤道に近い暑い地域なので豆や野菜をメインとしていて、米が主食なのも人気の理由。南インドカレーに精通した多いわ食堂シェフの大岩俊介さんが、「南インド風ミールス」のおいしさと、「南インド風チキンカレー」のレシピを伝授。

南インドカレーとは? 『ミールス』って何?

赤道に近い暑い地域なので、豆や野菜をメインとした、サラリとして辛い料理の多いのが特徴。主食は主に米。有名な『ミールス』はお昼の定食のこと。インドの食堂では、基本的には食べ放題。席に座ると、器がわりのバナナの葉に、ごはんとカレーが数種類盛られる。カレーは季節ごと、地域ごとに味が変わるが、ここでご紹介したサンバルやラッサムはほぼいつもついてくる。
 このところ、東京の南インド料理シーンが熱い! 特に感度の高い女子に人気らしい。この地方のカレーは、あっさりしていてスパイシー、汁気の多いタイプ。魚介類、野菜、豆を中心に、米が主食なのも人気の理由だ。
 南インドカレーの魅力は野菜と魚介類にあると、大岩シェフはいう。「南インドは宗教的な理由で、ベジタリアンが多い。野菜の扱い方が上手です。うちのお店では10〜15種類のスパイスを使いますが、多くのスパイスをそろえなくてもおいしくできるチキンカレーを、この企画のために考案しました。コツさえ押さえれば、どなたにも簡単に作れます」。
 南インドカレーのポイントは次ページで。野菜たっぷりのヘルシーなカレー、ぜひ夏の定番に。

基本スパイスはこの5 種

マスタードシード、コリアンダー、チリ、パプリカ、ターメリック。左は、なかなか手に入りにくいカレーリーフ。なくてもOK。

簡単で、シンプル! 大岩食堂流 南インド風チキンカレー

材料(4 人分)
鶏もも肉....................................350g
塩............................. 5g(小さじ1 弱)

A
玉ねぎのみじん切り...1/2個分(125g)
にんにく、しょうがのみじん切り .........................................各1片分
カレーリーフ(あれば).......... 1/2枝分

ホールトマト缶.................................200g
マスタードシード...........小さじ1(2g)
サラダ油.........................大さじ2〜3

B 
コリアンダーパウダー.................................小さじ3(10g)
チリパウダー.................小さじ1(3g)
パプリカパウダー......小さじ2強(7g)
ターメリックパウダー....小さじ1(3g)
塩......................................................少々

南インドPoint

調理法の特徴として、スパイス(ここではマスタードシード)を炒めて油に香りづけする(テンパリングと呼ぶ)ことが多い。本来、10種類以上のスパイスを使うが、今回は5種類だけで日本の家庭向きにアレンジ。配分は、コリアンダー:辛スパイス(チリ、パプリカ)=1:1と覚えよう。コリアンダーでうま味を、辛味スパイスで辛味を。辛味スパイスは、辛くしたければチリを増やし、マイルドにしたければパプリカを増やすとよい。子供向けならパプリカだけでOK。

【作り方】
❶鶏もも肉に塩をして30分〜ひと晩マリネしておく。12等分に切る(1個約30g)。
❷浅鍋もしくはフライパンにサラダ油とマスタードシードを入れて中火にかけ、マスタードシードがパチパチ弾けてきたら、Aを加えて、玉ねぎが透き通るまで炒める。
❸②に①の鶏肉を加えて、表面全体が白くなるまで炒める。トマト缶を汁ごと加え、軽く炒める。
❹③にBを加えて全体をなじませるように炒める。
❺水100㎖(材料外)を加えて沸かし、5分ほど煮込む。塩で味をととのえる。
教えてくれたのは・・・

大岩食堂シェフ 大岩俊介さん

大岩食堂店主。南インドカレーに合うお酒を探し、自家製レモンサワーや自然派ワインをそろえ、今後、日本酒の燗酒にフィーチャー予定。
【DATA】
大岩食堂
東京都杉並区西荻南3の24の1 ☎03・6913・6641 11:00 ~14:30LO、18:00~22:00LO ㊡月・木曜
スリランカでカレー修業をし、南インド料理店『エリックサウス』で研鑽を積んだ大岩俊介さんが4年前にオープン。昼はミールス、夜は自然派ワインや日本酒に合うおつまみもそろえ、インドバルとして大人気。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング