アラフィー女性のホンネ:ああ、懐かしのバブル時代②

華やかなりしバブル時代、そして若かりしあの頃を振り返る第2弾。チームJマダムのみなさんは、どんな時に「自分はバブル世代だな」と思うのだろう。「あるある」から世代論的なコメントまで、なかなか興味深い回答が寄せられた。
アラフィー女性のホンネ:ああ、懐かしのバブル時代②_1_1
ブランドの洋服やバッグ、靴など、バブル時代の遺産(?)が手元に残っているかどうか、聞いてみたところ、「すべて処分」と「まだ手元にある」の2つに、きれいに分かれた。すべて処分組は、「洋服は肩パットが大きすぎ、パンプスも、もうそんなハイヒールははけないので処分」(MI・51歳)。一方、まだ手元にある組は「何となく捨てられない」と「いまでも現役で使っている」に分かれた。前者は、「当時はやった人気ブランドのラインアイテム(指輪、時計、ピアスなど)があるが、バブル感が強く、20年以上、眠っている」(SS・51歳)、「高級有名ブランドのロゴが入ったゴールのペンダント。何となく捨てられなくて」(KY・45歳)などなど。後者は「大学時代にパリの本店で買ったブランドバッグ。夫婦で1〜2泊の国内旅行をする時に、ちょうどいいサイズ」(KS・52歳)、「ブランドバッグの中でも、流行がないものは今でも数点、愛用している」(IF・54歳)。IFさんは、「子どもたちに譲れるから」と、高級人気ブランドの時計も、今でも大切にとってあるそうだ。
アラフィー女性のホンネ:ああ、懐かしのバブル時代②_1_2
忘れられないのは踊りだけでなく、金銭感覚も、かもしれない。「物欲が強いところ。欲しいものはついつい買ってしまう」(NK・49歳)、「何かにつけ、高値の物のほうが良い品なのではと、安心してしまうところ」(MK・51歳)。そして、こんな声もあった。「男性との食事は『男性がお金を払うもの』と思っているところ」(KY・45歳)、「男性とプライベートで食事や飲みに行くとき、割り勘になると『あれ?』と一瞬思い、なんだか損をした気分になる時(SS・51歳)」。でも、悲しいかな、もうそれは通用しない模様。世の中は今、こうなっているらしい。「社会人の娘は本当に地味。食事などもきちんと割り勘。ブランド物に飛びつくこともなく、いいものを長くていねいに使いたいという考え方。ふたりでいると、よく『娘さんのほうが落ち着いているね』と言われます」(YM・51歳)、「今の大学生や若者が、とても地味だと思う時、自分がバブル世代だとあらためて感じる。彼らはバカやるのもはじけるのもSNSの中でだけ。街でスポーツカーを乗り回す若者もいないし、まじめでつまらなそうだなと感じてしまう」(TI・49歳)、「10歳以上下の人と話しをすると『贅沢は敵だ』という考え方の人が多い。ネガティブなマイナス思考。われわれバブル世代といわれている年代は、少なくても、若い頃はみんな楽しく過ごせたので、今でも考え方にゆとりがあり、楽観的で、話をしていて楽しい」(MC・49歳)。どちらかというと悪く言われてきたバブル時代だけれど、実際にはどうなのだろう。あの頃を振り返ることで、思いがけず「今の自分」を見つめる機会になった……かも?
アラフィー女性のホンネ:ああ、懐かしのバブル時代②_1_3

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:あまり他人に知られたくないクセ

    昔から「なくて七癖、あって四十八癖」というように、あなたにも何かクセ、それも他人に知られると恥ずかしかったり、困ったりするものがあるのでは? 打ち明けてみれば案外、それがチャームポイントになっていたりして。チームJマダムのみなさんに、”ナイショにしておきたいクセ”を披露してもらった。

    Jマダム通信

    2019年6月8日

  • アラフィー女性のホンネ:私がひそかにハマっていること

    アンチエイジング対策として、スキンケアやボディケアはもちろん、メンタル面の若さを保つことも大切。そのためにも、何か「夢中になれること」があるといいらしい。そこでみなさんに聞いてみました、「ひそかにハマっていること」。メンバーたちは、そしてあなたはどんな沼にハマっている?

    Jマダム通信

    2019年5月26日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!②

    「穴があったら、入りたい」第2弾は、思い出すだけで今でも顔が赤くなる、あるいは冷や汗タラリの失言&言い間違い。一度出た言葉は引っ込められないというけれど、大丈夫、年月がすべてを解決してくれているはず!

    Jマダム通信

    2019年5月11日

  • アラフィー女性のホンネ:穴があったら、入りたい!①

    40年、50年と生きていれば、赤面モノのミスの1つや2つ、あろうもの。でも、思い出すだけで、今でも穴があったら入りたい。そんなあなたのために、Jマダムたちの華々しい(!)エピソードをご紹介。読めば「私だけじゃない」と、心の傷がちょっぴり癒やされるかも。

    Jマダム通信

    2019年5月8日

  • アラフィー女性のホンネ:超ラッキー! だったこと

    新年度がスタートして、はや2週間。Jマダムのみなさんにとって、どんな1年になるだろう。期待半分、でも不安も半分というこの時期を乗り越えるためにも、”ラッキー探し”をしてもらうと……小さなことから大きなものまで、あるある! みんなでラッキーのおすそ分けをし合ったら幸せ感倍増、「ツイてないな」と感じている人にも幸運がめぐってくるかも!?

    Jマダム通信

    2019年4月13日

FEATURE
ランキング