大人を本当に美しくする、藤原美智子のメイクアップ術 五選

「ナチュラルでいたいからノーファンデ!」のような、自己流美容を貫いてませんか? 大事と信じていたことが、実は意味のないことだったり、やりすぎが老け肌の原因だったり……。今のきれいに必要なメイクについて、「ツヤ」と「線」が主役で色は脇役と心得る、ヘア&メイクアップアーティスト藤原美智子さんが語ります。
ヘア&メイクアップアーティスト・藤原美智子さん
ヘア&メイクアップアーティストとして大活躍するほか、近年はライフスタイルブランド「MICHIKO.LIFE」のプロデューサーとしても活動中。美しく生きるための方法をさまざまな方向から探り、大人のきれいと心地よさをトータルに提案。ラ・ドンナ主宰。

2.塗れば塗るほどツヤが遠のくパウダーは"適量"を心得て、効果的に使うべき

パウダーをパフにたっぷりとり、顔にのせたらブラシで払う。そんな昔ながらの「パウダー神話」。しわが気になる年齢になっても、まだ続けているという人は注意。「パウダーには皮脂を取り去る作用があり、大人が使うと、どうしてもパサついた印象になります。粉類はプレストタイプかパウダーファンデーションに絞り、部分的に使うのが効果的」。
大人を本当に美しくする、藤原美智子のメイクアップ術 五選_2_1-1

1/2

大人を本当に美しくする、藤原美智子のメイクアップ術 五選_2_1-2

2/2

コンシーラーの"フタ"としてパウダーファンデーションを軽くのせると、きれいな仕上がりが長く続く。藤原さんが仕事でよく使うテクニック。
スウィート モイスチュア シフォン SPF22・PA++ ¥5,000/アルビオン

What's New

Feature
Ranking