京都での買い物は楽しい! 日日の“器”【京都 唯一無二の逸品】

2018年9月17日
古くから、京都は全国各地から選りすぐりのセンスが集まる地。だから京都での買い物は最高に楽しい! オーナーのエルマー・ヴァインマイヤーさんが営む器屋「日日」では、定期的に彼が主催するお話会を開催。作家の魅力を存分に引き出してくれるお話会だけに京都に足を運ぶのも悪くない。

「作家のお話会のためだけに行くことも」 by スタイリスト 高橋みどり

1/8

2/8

3/8

4/8

5/8

6/8

7/8

8/8

仁城義勝さんの漆器¥8,000
インド、インドネシアの古いイカット(絣)や更紗¥10,000~
6席の喫茶『冬夏』
作品の背景まで知りつくした器を展示 
空間も揺るぎない美しさ
『冬夏』のグロサリー。お茶はすべて無農薬。¥1,000~(100g)
李英才氏がディレクターを務めるマルガレーテンへーエ工房の皿。大¥22,000、
中¥10,000、小¥6,000
御所東にあり、小さな看板だけを掲げる
築100年を迎える邸宅の座敷に並ぶのはどれもむだがない手仕事のもの。オーナーのエルマー・ヴァインマイヤーさんが20年ほど前に京都に開いた『日日』。高橋さんとは十数年前からのお付き合い。

「この器好きだな、と思うその先にエルマーさんがいる。そして彼の主催する『日日』でのお話会は、作家の魅力を存分に引き出してくれて、すとんと腑に落ちる。流行とかでの器論ではない。時間が合えば、そのお話会をきっかけに京都へ出向くこともある」と高橋さん。

 扱っているのはアートではなく、日々使えて心底愛せる漆器、陶器、竹や木の器など。国籍は問わず、時代の流れに動じることなく、ていねいにものづくりされた道具だ。ギャラリー併設された喫茶『冬夏』でていねいにいれてくれるお茶も高橋さんの楽しみのひとつ。「そのおいしさには毎回驚くばかり。静かで心にしみ入る特別な時間をどうぞ」。
ひと月半ペースで作家の個展や企画展、ワークショップを開催。約20年前にエルマーさんが始め、’15年の秋に京都へ移転。今はフードディレクターでもある妻の文絵さんが受け継ぎ、運営。つくり手のことを伝えながら、手仕事のすばらしさを発信している。10/5~ 22はドイツのマルガレーテンへーエ工房の展覧会を開催。
日日(にちにち)
京都市上京区信富町298
☎075・254・7533
10:00~18:00
㊡火曜

What's New新着記事

FEATURE
ランキング