日本有数の「パワー」と「おいしい」を求めて。狐野扶実子、海の京都「丹後」へ 五選

海もあれば、山もあり、さまざまな風土と文化がひとつになった京都。日本海側に面する丹後は、近年にわかに人気を集めている。「訪れると元気になる」という豊かな自然と強力なパワースポットは、本当の京都通こそが注目し、時間をかけてでも行く価値あり! 美食、そして歴史が出会うこの地に、料理プロデューサー・狐野扶実子さんが訪ねた。

1.飯尾醸造

狐野さんが最初に訪れたのは、食通の間でも人気の高い『飯尾醸造』。50年以上前に無農薬栽培米を使った食酢製造に踏み切り、米作り、酒造り、酢造りの全工程を自前で行い、世界からも注目されている。
「富士酢プレミアムは以前から愛用していて、ムニエルや焼き魚の仕上げに使っています。米酢はフランスでも人気があり、富士酢はまろやかなうま味やコクがあるので、これだけでおいしく仕上がります」。
日本有数の「パワー」と「おいしい」を求めて。狐野扶実子、海の京都「丹後」へ 五選_1_1
1893年に創業し、初代が日本一のお酢を造りたいと「富士酢」と命名。今は自社の棚田と契約農家の田んぼで無農薬栽培した新米と、山の伏流水だけを原料にし、自家蔵で醪を仕込み、1年以上かけて静置発酵熟成している。通常の米酢の8倍の米を使った「富士酢プレミアム」は狐野さんも愛用。「うま味がすごいので、塩や醤油いらずで本当に重宝しています」。
日本有数の「パワー」と「おいしい」を求めて。狐野扶実子、海の京都「丹後」へ 五選_1_2-1

1/2

日本有数の「パワー」と「おいしい」を求めて。狐野扶実子、海の京都「丹後」へ 五選_1_2-2

2/2



京都府宮津市小田宿野373
☎0772・25・0015 8:00~17:00
㊡日曜・祝日 蔵見学は予約がベター
純米富士酢¥550~、富士酢プレミアム¥1,100~

What's New

Feature
Ranking