世界で活躍するインテリアデザイナーの自宅に見る、インテリアのポイント 五選

世界で活躍するインテリアデザイナー、カトリーヌ・メミさんの住まいをお手本に、日本のエクラ世代のこれからの暮らしのヒントになる「シンプルな洗練空間」作りの要点をご紹介。

4.Bathroom & Kitchen etc....

美しい光に満ちた、穏やかな暮らし

世界で活躍するインテリアデザイナーの自宅に見る、インテリアのポイント 五選_4_1
バスルームはグレージュと白でエレガントに。
 では、変わらない点は?
「シンプルでリュクスな空間づくりと、先ほどあげた4色を基本に使うこと。私は家に鮮やかな色調のものを少しだけ置くのが好き。身につける洋服や小物もそう。春夏は白、ベージュ、グレー。秋冬は黒、白と決めています。ものを増やさないことを日ごろから意識し、部屋の飾りは陶器とアート本、絵だけ。増やさないコツですか? 端正で上質なものだけを持つと決めること。何かを買いたいと思ったら、理由を探します。それは美しい? 質のいいもの?すると、欲しいものが厳選され、ミニマルで美しい空間づくりがかないます。空間が整えばそこに暮らす人の心も整い、落ち着いた生活が送れますよ」
 過去に福岡の『オテル・グレージュ』の内装デザインを担当した彼女の夢は東京か京都でホテルを手がけることだ。「西洋の現代性と和の伝統が融合する、癒しのインテリアを提案したいですね」
世界で活躍するインテリアデザイナーの自宅に見る、インテリアのポイント 五選_4_2
ギャラリーのように整然と器が並ぶ。飾り棚「パレ・ロワイヤル」は目隠しの扉つき。「食器はすべてここに収納」
世界で活躍するインテリアデザイナーの自宅に見る、インテリアのポイント 五選_4_3
書斎へ続く寝室奥の小階段。
世界で活躍するインテリアデザイナーの自宅に見る、インテリアのポイント 五選_4_4
リビングとキッチンの間の仕切りは可動式。食事の際は開け、仕事の際は閉めるなどシーンによって使い分ける。
世界で活躍するインテリアデザイナーの自宅に見る、インテリアのポイント 五選_4_5
和のエスプリを取り入れた陶器はオーダーメイドで受注可(パリのみ)。
世界で活躍するインテリアデザイナーの自宅に見る、インテリアのポイント 五選_4_6
大木の緑が心地よい書斎。重みのある黒檀のデスク「マレ」

What's New

Feature
Ranking