ホテルならではの上質感。 名店の味を気軽に 弁慶

2016年11月26日
北陸ならではの新鮮な魚や、しつらえの素敵な九谷焼など魅力にあふれた街金沢。そんな金沢を訪れたときに足を運んで欲しい、雅な文化と職人技の融合を味わえる鮨店をご紹介。
昼のおまかせより。金沢港の甘エビはミソと卵をのせて贅沢に
ホテル日航金沢の『弁慶』は、正統派として高く評価される店。老舗『太平寿し』で12年修業した料理長の濱本慎二さんが毎朝近江町市場に出向き、"その日の旬" で上品な味わいの鮨を楽しませてくれる。「どんなネタにも対応できる」という赤酢の酢めしは、魚のうま味を引き立てて繊細な味わい。「これからの季節は鯖、イクラ、甘エビがおいしくなります」と濱本さん。金沢駅からも近く、新幹線に乗る前に立ち寄れるのもうれしい。
バイ貝は福井から。コリッとした食感がくせになる
赤イカはさっと炙って香ばしく
輪島の真鯛を昆布締めに。昆布と木の芽の香りがふわり
  • 締め鯖と赤ニシ貝。締め鯖はゆるく締めてあり、あえて中央を刺身っぽく仕上げ、優しい味
  • つまみは「ボタンエビのこのわたがけ」。甘さとしょっぱさが絶妙のバランス 
カウンターからは手入れの行き届いた中庭が見渡せる。優雅な雰囲気はホテルならではのもの
石川県金沢市本町2の15の1 ホテル日航金沢6F 
☎076・234・1111
11:30~14:00、17:30~21:30 
無休
おまかせ 昼¥4,444~、夜¥12,962~(おつまみつき)
※平日ランチのみ¥3,519コースあり。
カウンター12 席 
要予約

What's New新着記事

FEATURE
ランキング