プリプリえびとれんこんの食感が楽しい! エビ餃子鍋【絶品鍋レシピ28days】

2019年1月16日
味つけは大根おろしをたっぷり加えて、あっさり、さっぱりと。ぷりぷりのエビとしゃきしゃきのれんこんで食感も楽しめる“エビ餃子鍋” のレシピを料理家のウー・ウェンさんがご紹介。

“2~3品の素材で作るシンプル鍋”

「家庭のごはん作りでは、味はもちろん、栄養価も大切。鍋なら、タンパク質に野菜2〜3 種類を組み合わせれば完璧ですね」(ウーさん)。食材の味ひとつひとつがきわだち、食材から出るだしの味でおいしく仕上がる。

エビ餃子鍋

大根おろしをたっぷり加えて、あっさり、さっぱりとした味わいに。ぷりぷりのエビと、れんこんの食感が楽しい!
材料(2人分)
餃子の皮..................10枚
むきエビ..................200g
万能ねぎ(小口切り)
............................3〜4本分

A
こしょう................ 少々
酒........................大さじ1
粗塩.....................小さじ1/3
ごま油..................大さじ1/2

大根(すりおろし)..200g
れんこん................100g
こしょう...............小さじ1/4
粗塩....................小さじ1/2
黒酢....................大さじ2
水.......................4カップ
ごま油.................大さじ1
作り方

1.むきエビはザク切りにし、Aで下味をつけ、万能ねぎを加えて混ぜる。

2.餃子の皮で1を包む。

3.れんこんは皮をむき、長さ3㎝に切り、繊維に沿って棒状に切る。

4.鍋に水、れんこん、黒酢を入れて中火にかけ、煮立ったら弱火にし、ふたをして5分煮る。

5.42の餃子を入れ、2分ほど煮る。粗塩を加え、大根おろしを入れてひと煮立ちしたら、こしょうをふり、ごま油を回しかける。

鍋奉行ポイント
れんこんはシャキシャキ感を味わいたいので、繊維を断ち切らず、棒状に切る。こうすれば、味もしみ込みやすい。シンプルな鍋だからこそ、食感コンシャスに。
教えてくれたのは……
料理家 ウー・ウェンさん
北京生まれ。中国の文化や暮らしの知恵を幅広く紹介。素材の持ち味を生かしたシンプルな料理が大好評。「冬は体の温まる素材を使ってお鍋にします」。

What's New新着記事

FEATURE
ランキング