謎の鮨フェチ・グルメマダム、N山K子が厳選! 東京「イケてるお鮨」 五選

東京は今まさに、"鮨バブル"。実力店が群雄割拠する時代。あらゆる美食に通じながら「今、自腹で行きたいと思うのは、一も二もなくお鮨!」と話すN山さんに、大人の女性が心から満足できる店を指南いただきます。
教えてくれたのはこの方
N山K子。外資系金融企業に勤める美食家。鮨をこよなく愛し、月に2回以上の鮨屋通いを欠かさない。特に好きな鮨だねは貝類。日本酒、ブルゴーニュ好き。

1.何もかもが極上! 唯一無二の初音劇場『初音鮨』

カウンターはウォールナット材のL字形。インテリアは鮨屋らしからぬモダンさである。大将の中治勝さんが登場しゲストの前で酢めしをきり終えると、超豪華素材のオンパレード、「初音劇場」の始まりだ。
「大将と女将さんのかけ合いから、一貫ずつの出し方まで、すべてが唯一無二のエンターテインメント。お鮨を食べ慣れた目上のかたをお連れしても必ず喜ばれます」と、N山さん。マグロは下田産や銚子産、その日の一番をかたまりから切り出し、約35℃のしょうゆでヅケに。松葉ガニや伊勢エビは生きたままの姿を見せてから調理し、ウニは産地もブランドもわかる箱ごと、まずカウンターへ。「嘘偽りいっさいなし」とすべてをゲストの前で行うのがスタイル。中治さんの軽妙な口上に終始ゲストがわき、女将のみえ子さんのおっとりした合いの手に、また笑いが起こる。
 極上素材と真心のもてなしが織りなす“鮨ライブ”は、「満足感」をはるかに超えた感動体験だ。
謎の鮨フェチ・グルメマダム、N山K子が厳選! 東京「イケてるお鮨」 五選_1_1-1

1/5

謎の鮨フェチ・グルメマダム、N山K子が厳選! 東京「イケてるお鮨」 五選_1_1-2

2/5

謎の鮨フェチ・グルメマダム、N山K子が厳選! 東京「イケてるお鮨」 五選_1_1-3

3/5

謎の鮨フェチ・グルメマダム、N山K子が厳選! 東京「イケてるお鮨」 五選_1_1-4

4/5

謎の鮨フェチ・グルメマダム、N山K子が厳選! 東京「イケてるお鮨」 五選_1_1-5

5/5

’18年11月、改装を経てリニューアルオープン。内装設計は『大浦比呂志創作デザイン研究所』による。現在、勝さんとみえ子さんの愛娘、睦さんも若女将として活躍
松葉ガニのほぐし身とカニ味噌のリゾット。生きた状態を見せてから15分蒸し、スタッフ総がかりでカウンターでほぐし身に
エゾバフンウニ、紫ウニの小丼
スミイカと自家製カラスミは、塩気と甘味、食感の妙を味わう一品
天然トラフグの白子の炙り
東京都大田区西蒲田5の20の2
☎03・3731・2403
15:00~、17:00~、19:00~(3部制)
㊡水・木・日曜、祝日
※コース¥48,600(税込)~
(事前決済または現金のみ)

What's New新着記事

FEATURE
ランキング