【お墓どうする?】今どきの「納骨堂」の仕組みをマンガで徹底レポート!

駅近&ハイスペックで快適にお参りできると注目が集まっている「納骨堂」。お骨が目の前に運ばれてくる“自動搬送式”といわれるシステム、実際のところはどんな仕組みになっているのか。東京・三田の東京タワーに続く大通りから少しだけ入ったところにある納骨堂「迦楼塔(かろうと)東京」でお話を伺いました。

気になるお墓を拝見!迦楼塔(かろうと)東京

迦楼塔と東京1
迦楼塔と東京2
迦楼塔と東京3
迦楼塔と東京4
迦楼塔と東京5
迦楼塔と東京6
迦楼塔と東京7
迦楼塔と東京8
迦楼塔と東京9
迦楼塔東京

迦楼塔東京

東京都港区三田2の12の5
問0120・24・1108
https://carohto-tokyo.jp
家族用の「プレミアムプラン」は納骨8霊または30kgまで、納骨堂永代使用で120万円(年間護持会費1万5000円)。夫婦ふたりのための「パートナープラン」、ひとりのための「パーソナルプラン」もあり。
  • 【お墓どうする?】今人気の「納骨堂」なら安い・近い・手間いらず!

    家族のあり方とともに変わりつつある「お墓」の最新事情を調査。お墓を選ぶ際の条件の中に「アクセスのよさ」を挙げる人が多くいます。そんな要望をかなえるのが、駅から徒歩数分という好立地が魅力の「納骨堂」。ひとえに納骨堂といっても、さまざまなスタイルのものがあるのだとか。専門家に詳しく話を聞いてみました。

What's New

Feature
Ranking