【お墓どうする?】思い出の地に眠る「リゾート葬」を選ぶ人も増えています

「親の墓の探しどき」が「自分の墓の考えどき」。“そのとき”まで余裕がある今だからこそ、お墓についてじっくり考えてみませんか? 今は、故人の思い出の地にある永代供養墓を選ぶ人も。お墓の新しい選択肢が増えています。
教えてくれたのは…

鎌倉新書「いいお墓」担当 藤田吉雄さん

お墓の基礎知識から全国の墓地情報まで提供する、日本最大級のお墓検索サイト「いいお墓」(https://www.e-ohaka.com)担当。

リゾート葬

リゾート葬

お墓は、自分たちが住んでいるエリアか出身地というのがスタンダードだったが、最近、そのどちらでもない場所にある永代供養墓を選ぶ人も。「故人が大好きだった富士山を望む霊園や、家族でよく訪れた湘南の海沿いの墓地、別荘がある軽井沢にたたずむ墓地など、リゾートエリアが多いですね。ですので、私たちはそれを“リゾート葬”と呼んでいます」(藤田さん)。

たとえ自宅からは遠くても、家族でよく訪れたなじみのある場所ならば、お墓参りに出かけるのに抵抗はなさそう。むしろ、故人を懐かしみつつ、思い出の地を満喫できて、家族の絆がいっそう深まるかも!?

What's New

Feature
Ranking