薬味やスパイス、とろみを効かせて!冬の体あったかスープ6選【Jマダム通信】

体を芯から温めてくれるスープが恋しい季節。料理上手なJマダムたちが、工夫を凝らしたとっておきのレシピをご紹介。
Jマダム通信

【“チームJマダム”がお届け!】

全国からアラフィー女性100人が集まりチームJマダムを結成。趣味や暮らしの知恵を生かし、高感度なアンテナにかかった最新情報をお届け!

「牛スジと根菜を韓国のだしで。黒にんにくとしょうがで温まる!」

江波戸菜穂子さん(No.49 主婦・50歳)

牛スジと根菜を韓国のだしで

下ゆでした牛スジや根菜を、韓国だし「ダシダ」で調味した牛乳スープでいただきます。しょうが、黒にんにく、ごま、ねぎがたっぷりで、ひと口目から体がポカポカ。一年中作りますが、夏にいただくと汗がすごいので代謝アップは確実!

「ハリッサペーストでスパイシーに。芯から温まるミネストローネ」

長坂美奈子さん(No.51 フード&食空間プランナー・46歳)

ハリッサペーストでスパイシーに

ミネストローネにチョリソーやハリッサペーストを加えてスパイシーに仕上げたスープ。ハリッサペーストは、とうがらしをベースにした北アフリカの万能調味料。独特の香りとピリ辛なミネストローネは、わが家の子供たちも大好きです。

「台湾風豆乳スープは、忙しい冬の朝の頼もしい味方です!」

髙橋直子さん(No.38 会社員・50歳)

台湾風豆乳スープ

ごま油やザーサイ、干しエビ、ねぎなどを炒め合わせたスープの素と、しょうゆや酢、仙台麩などを鍋に入れ、温めた豆乳を加えた香ばしいスープ。スープの素を作りおきしておけば、寝坊した朝でもすぐ温かなスープがいただけて重宝します。

「アレンジも楽しい“肉骨茶”。スパイスたっぷりで体あったか」

宮田裕子さん(No.2 クリニック事務長・53歳)

アレンジも楽しい肉骨茶

シンガポールで知った肉バクテー骨茶。皮つきのにんにくと黒粒こしょう、八角などのスパイス類を煮出し、湯通しした豚スペアリブとともに圧力鍋へ。「昆布の水塩」で調味すれば完成。家族が風邪を引いたら肉骨茶で体を温めます!

「山いもでとろみをつけたポタージュ。アイスホッケー部の長男も絶賛!」

佐山滋子さん(No.15 公務員・50歳)

山いもでとろみをつけたポタージュ

ベーコンやえのき、長ねぎを炒めて豆乳を加え、最後にすりおろした山いもをたっぷり加えたスープです。山いものおかげでいつまでもあつあつ。大学アイスホッケー部の長男はリンクで冷えきった体にこのスープがいいようで、よく夜食に作ります。

「にんじんとかぼちゃのポタージュにしょうがをたっぷりと!」

髙原 文さん(No.23 主婦・46歳)

かぼちゃとにんじんのポタージュ

しょうが、にんじん、玉ねぎ、かぼちゃをブイヨンで軟らかく煮たポタージュは、にんじんが苦手な子供たちにも大人気。しょうが入りだから体がポカポカ、栄養もたっぷり。自家製の全粒粉パンを添えていただくのが、わが家の冬の定番です。

What's New

Feature
Ranking