金運アップには、「寄付」が効きます!

~お金を増やすには投資!? いえいえ、それだけではなくて、逆に・・~

こんにちは、レイコ・ローランです。

新型コロナウイルスの影響で、生活が大変になった方のお話などテレビでは連日報道されていますね。
こんなに寒いのに、本当に大変そうだ・・と思います。
そして、世界の各地でも紛争や政情不安のある場所でも、コロナは待ったなし。

今年のベストセラー、「ファクトフルネス」は実はよくなりつつある世界、が具体的に科学的に描かれていました。
世界は悪いことばかりじゃないことを教えてくれました。
もしかしたらコツコツと、または気まぐれにであっても、思いついたときに・・みんなが「寄付」や「募金」をしていたことが、世の中を少しずつ良くすることに繋がっていたのかもしれないな・・と思うと、ほっとした方も多いのではないでしょうか。

ところで、ふだん募金などをする人は、お財布を失くしても出てきやすいと聞いたことがあります。

神様がふだんの行動を見てくれていて、それがスピリチュアルな意味での、セーフティネットになるのだと。

また、水晶玉子さんとの対談でも、この春一時的に木星が魚座に入るころは特に、”ボランティア”がラッキー行動だというお話が出ました。とはいえ、コロナ禍もあり活動そのものはしにくい時期なので、クラウドファンディングなどがお薦めだと。
オンラインでもできる”人助け行動”、来年はいままで以上に浸透すると良いなぁ、と思います。

お金をどこに使うかは、”投票”なのである、という言葉も最近よく耳にするようになってきました。

でもでも本当に、断言してもいいです。
来年以降の星の動きには、そんな”金運革命”ともいえる動きを感じるのです

大げさに言えば、プチ・フランス革命的な動きがありそうというと、少しイメージできるでしょうか。
当時、庶民が怒ったのは”富を独り占め”していた特権階級があったからですね。
”富の独り占め”は本当に気を付けたほうがよさそう。

とはいえお金持ちであることが悪いこと自体が悪いのではなくて、握りしめるぞ、他には渡さないぞという姿勢が見えると、危ないのです。いろいろな場所で叩かれてしまうかもしれない暗示があります。

ですから、もしも自分たちは潤っている、どう使っていいか分からないお金もある、いろいろな社会情勢のことが心配だ・・という場合は、ぜひ、自分(たち)の財産に”風穴”をあけておくことがおすすめです。

ほんの少しでもいいので、それが自動的に何か寄付につながることにわたる(例えばよくありますが、毎月数千円とか、毎日100円ずつとか)ようにしておくことが、むしろ長い目で見たときに身の安全を保証!?し、金運アップにつながるはずなのです。

不思議なことに、「お金が減る=貯金が減っていく」とはなりにくいのではないかと思います。
むしろ「(神様が望む、そして星が指し示す方向に)お金を使う=貯金が保たれる、またはアップする」となるのかも。


どこに、何に寄付しよう、というのは迷うところですが、この年末年始。
私も改めて、考えてみようと思います。


皆様、どうぞよいお年をお迎えください!

追伸
星の動きからすると、ウィルスの変異型の登場が一過性の者とは思えず、かなり気になるところです。
まだまだしばらくは、油断大敵ですから、工夫をして過ごしましょう!


What's New

Feature
Ranking