食卓に春ならではのごちそうを。ウー・ウェンさんの絶品サラダ 五選

芽吹きの春は、野菜にもこの時期特有のおいしさがある。「サラダは、野菜の持ち味を生かして下ごしらえし、シンプルに味つけするのがベスト」という、ウー・ウェンさん流の春サラダのレシピを紹介。

2.新玉ねぎとサワラの焼きサラダ

食卓に春ならではのごちそうを。ウー・ウェンさんの絶品サラダ 五選_2_1

厚く輪切りにするから新玉ねぎの甘味がギュッと凝縮

材料(2〜3人分)

新玉ねぎ................................. 2 個
サワラ(切り身)....................2 切れ
粗塩....................................... 適量
こしょう................................. 適量
しょうゆ............................大さじ1
太白ごま油.....................大さじ1と1/2

作り方

❶サワラの切り身を半分に切り、粗塩とこしょうをふって下味をつける。
❷新玉ねぎの皮をむき、繊維を断ち切るように3〜4等分に輪切りにする。
❸フライパンに太白ごま油大さじ1/2を入れ、新玉ねぎを並べる。中火にかけてじっくり、両面をこんがりと焼き、粗塩をひとつまみふってボウルなどに取り出す。
❹③のフライパンに太白ごま油大さじ1を入れ、サワラの皮面を下にして並べ、中火にかけ、こんがりとなるまで両面を焼く。しょうゆをふってからめ、③とあえる。

Wu Wen’s comment

新玉ねぎは厚めの輪切りに。繊維を断ち切るので水分が出やすくなり、焼くことで、さらに甘味がアップ。サワラは焼いてしょうゆで香りづけ。魚はスズキなど、白身魚ならなんでもOK。魚のうま味で、新玉ねぎをさらにおいしく、たくさん食べられます。
ウー・ウェン Wu Wen
料理研究家。中国の家庭料理をベースに、素材の持ち味を引き出すシンプルなレシピが人気。東京と北京でクッキングサロン(www.cookingsalon.jp)を主宰する。「『新』がつくものの多い春野菜は、特有の食感と甘味を生かし、えぐみを抜いて調理します」。

What's New

Feature
Ranking
Instagram