シャネルの人生と哲学を『約束のネバーランド』白井カイウ・出水ぽすかが描き下ろしたコミック『miroirs』発売&展覧会も同時期に開催

「週刊少年ジャンプ」(集英社刊)の人気作『約束のネバーランド』の原作者・白井カイウ氏と作画家・出水ぽすか氏と、シャネルの協業による新たなプロジェクトがスタートします。
「MIROIRS」展覧会画像メイン
©白井カイウ・出水ぽすか/集英社
プロジェクトのひとつめは、白井カイウ氏と出水ぽすか氏が、シャネルの人生やクリエイティビティに共鳴して描き下ろしたコミック『miroirs(ミロワール)』の発売。

コミックには、シャネルというブランドに触れて綴ったオリジナルストーリーが収録されています。ガブリエル シャネルのユニークなフィロソフィーや強いパッションを体現する3名の登場人物のエピソードが、現代の東京を舞台に生き生きと描かれた内容に。
「MIROIRS」展覧会画像1原作
©白井カイウ・出水ぽすか/集英社
メインビジュアルとなっている「世界を塗り替えるココ」をテーマにしたイラストは、新しいビジョンを提示し、女性たちのスタイルを塗り替えてきたガブリエル シャネルと鏡面のようなイメージ。リトルブラック ドレスを着た女性の足元には、油彩の道具を思わせるたくさんのフレグランスのボトルが置かれています。

そして、ふたつめは、コミックのタイトルと同じ「MIROIRS(鏡)」をテーマに、ストーリーに込められたメッセージが立体的に表現される展覧会をシャネル・ネクサス・ホールにて開催。

日本ならではの文化として世界中で認知されている「マンガ /MANGA」を、シャネル・ネクサス・ホール独自の視点で展覧会として構築するという、全く新しい試みです。
「MIROIRS」展覧会画像3
©白井カイウ・出水ぽすか/集英社
「MIROIRS」展覧会画像4
香水瓶と東京を描いたイラスト 。シャネルのアイコンであるリトルブラックドレス、クラシックバッグ、ツートンシューズが描かれています ©白井カイウ・出水ぽすか/集英社
展覧会には、描き下ろしマンガの3つの章に合わせて構成される3つの空間があり、マンガ作品とともに、シャネル N°5、リップスティック、リトルブラックドレスなどアイコニックなアイテムをはじめとする、シャネルにまつわる貴重な資料も複合的に展示。作者たちとシャネルとの時代を越えた出会いを追体験することができます。
「MIROIRS」展覧会画像5
少年とリップスティックをテーマに描いたイラスト ©白井カイウ・出水ぽすか/集英社
タイトルの「MIROIRS」は、白井カイウ氏がガブリエル シャネルについて調べていくなかで知った「鏡は厳しく私の厳しさを映し出す それは鏡と私の闘い 私という人間をあらわにする」という言葉や、今もパリのシャネル ブティックのうえに存在するガブリエル シャネルのアパルトマンの伝説的な鏡張りの螺旋階段、彼女の全ての部屋に鏡が置かれていたことなどからイメージしたもの。
「MIROIRS」展覧会図版
ロベール ドアノーが鏡張りの螺旋階段でガブリエル シャネルを撮影した1955年の写真 © Robert Doisneau/GAMMA RAPHO
世界を代表するラグジュアリーブランドであるシャネルと、創業者ガブリエル・シャネル。その人生と哲学に触れて描かれる珠玉の短編集と、その世界観が立体的に表現された展覧会は、どちらも現代を生きる私たちに力強いメッセージをくれるはずです。

また、シャネル銀座ブティックのマロニエ通り側ショーウィンドウには、同展のスペシャル展示が登場します。銀座の街に写し出される『MIROIRS』の世界を楽しんで。
「MIROIRS」展覧会ロゴ

【書誌情報】

『miroirs』(ミロワール)

原作/白井カイウ 作画/出水ぽすか

発売日:2021年4月30日(金)

定価:¥977

発行:株式会社集英社

【展覧会 開催概要】

『MIROIRS- Manga meets CHANEL

Collaboration with 白井カイウ&出水ぽすか』

会期:4月28日(水)~ 6月6日(日)

会場:シャネル・ネクサス・ホール

   東京都中央区銀座3-5-3 シャネル銀座ビルディング 4F

開館時間:11:00~19:30

入場無料・要予約(詳細は下記ウェブサイトをご覧ください)

主催:シャネル合同会社

協力:株式会社集英社

※同展は、KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭に巡回予定

What's New

Feature
Ranking