<自宅でできるツヤ増しボイトレ1>滑舌をよくして下半顔を引き締める!

自宅でできる簡単ボイトレをボイストレーナーのミニー・P先生がご紹介。今回は、滑舌をよくし、口をしっかり動かすことで下半顔を引き締めるボイトレをピックアップ。
教えてくれた人
ボイストレーナー ミニー・P先生

ボイストレーナー ミニー・P先生

ウイングス ミュージック スクール代表。「魅き寄せ声」が身につく独自のボイストレーニングメソッドが人気。著書に『声を磨けば、人生が変わる』(集英社インターナショナル)
https://www.wings-music.com/

顔を逆三角形にしながら、50音の苦手な行をいう

滑舌をよくし、口をしっかり動かして下半顔を引き締めるボイトレ。50音をあ行から順番に早口でいってみて、さ行やた行、ま行やら行など、いいづらい行をトレーニング。口を縦に開け、唇を前に突き出しながら、例えばさ行なら、「さ」を「さあ」と母音を意識して発声。両手で下半顔が逆三角形になるよう支えながら行うと口が縦に開きやすくなる。慣れれば手の補助がなくてもできるように。
下半顔が逆三角形になるよう両手で押さえる

ムンクの「叫び」のように下半顔が逆三角形になるよう両手で押さえる。こうすることで口が縦に開き、表情筋の動きを確認できる。

50音の苦手な行を言う

母音を意識して苦手な行を発声練習。「お」の段以外もすべて、唇を横に引かず、縦に開けて唇をアヒルのように前に突き出すのを意識。

  • 一日5分で脱・たるみ顔!舌&顔全体を鍛える「早口言葉6」

    マスク生活では口もとが隠れるため、口がだらしなく開きっぱなしになり、舌の筋肉が衰えがち。そこで、舌の筋肉を鍛え、“ブルドッグ顔”解消への近道と注目されている「早口言葉」のやり方を、口もと美容の専門家である歯科医師・末光妙子先生がご紹介。

What's New

Feature
Ranking