物思う猫たち。

物思う猫たち。_1_1-1

1/2

物思う猫たち。_1_1-2

2/2



猫の佇まいに何やらテツガクや神秘を感じてしまうのは、人間の勝手な心の働きでしょうか。

1枚目は、現在発売中の『エクラ』5月号の連載『あの人の! 溺愛ねこ図鑑』に登場してくれた、アメショーのれお君。まだ子猫なのに物思う感じが様になっています。透き通った小さな目には、この世界がどんなふうに映っているのだろうか…。ぼーっとしている姿までぼーっと見ていたくなるもので、この取材はついつい長居しがち。

2枚目は、ばったり遭遇した壁を向くノラ氏の姿。最初こそこちらに気づいて目が合いましたが、またすぐ元の姿勢へ。5分ほど待ったものの特に動きがなく、こちらが先に諦めてしまいました。

なぜか壁に向かってちょこんと座るこの謎の行動。「面壁九年」の達磨さんにちなんで、「めんぺき」と呼びたいです。
(編集B)

What's New

Feature
Ranking