“シャンパーニュの夢と絆”を繋ぐ 「ラ・トランスミッション」【飲むんだったら、イケてるワイン/WEB特別篇】

シャンパーニュの有名メゾンのマダムたちが、啓蒙活動を目的とするグループ「ラ・トランスミッション」を結成。彼女たちが伝えたい”シャンパーニュの未来”とは?
この春、シャンパーニュから新しいムーブメントのニュースが届いた。通称「ラ・トランスミッション(伝達)」(正式名称「ラ・トランスミッション・フェム・アン・シャンパーニュ」)というグループが始動したのだ。これは、「シャンパーニュという偉大なワインへの情熱だけでなく、シャンパーニュという地域の豊かさを、シャンパーニュを愛する人々に伝えたい」という思いから2016年に結成されたもの。
“シャンパーニュの夢と絆”を繋ぐ 「ラ・トランスミッション」【飲むんだったら、イケてるワイン/WEB特別篇】 _1_1
「ラ・トランスミッション」のメンバーの皆さん。
注目すべきはそのメンバーで、世界的人気のグラン・メゾンやレコルタン・マニピュラン(小規模生産者)の重鎮的メゾンのオーナーやC.E.O.など、シャンパーニュ地方でも一目置かれる存在の女性ばかり。年齢も、立場も、キャリアも違う9名の女性が、日々、言葉を交わすうちに、互いに尊敬しあい、”シャンパーニュの未来”への思いが同じだったことから生まれたグループなのだという。
そのメンバーとメゾンは下記の通り。
■ボワゼル 元C.E.O. エヴリーヌ・ボワゼル
■カザルス オーナー  デルフィーヌ・カザルス
■ドラピエ C.E.O.(共同オーナー) シャーリーン・ドラピエ
■フィリップ・ゴネ 共同オーナー シャンタル・ゴネ
■クリュッグ C.E.O. マギー・エンリケス
■A.R.ルノーブル 共同オーナー アンヌ・マラサーニュ
■ブルーノ・バイヤール 共同オーナー アリス・バイヤール
■テタンジェ C.E.O.(共同オーナー) ヴィタリ―・テタンジェ
■タルラン オーナー メラニー・タルラン
 ※共同オーナーとは「オーナーファミリーの一員」の意味。
実はこのメンバー、シャンパーニュついて書くことが多い立場から見ると、かなりのインパクト。すべてのメゾンがその造りのよさで世界的に高い評価を受けているのはもちろんながら、「『クリュッグ』のマギーさんや『テタンジェ』のヴィタリーさんもメンバーなの?」と、驚かされてしまったのだ。
“シャンパーニュの夢と絆”を繋ぐ 「ラ・トランスミッション」【飲むんだったら、イケてるワイン/WEB特別篇】 _1_2
”シャンパーニュの重鎮”のマダムが勢揃い! これからどんな情報を発信してくれるのか、とても楽しみ。
『クリュッグ』は”シャンパーニュの帝王”、『テタンジェ』は”シャンパーニュの貴婦人”と称され、早い話が”何もしなくても売れるシャンパーニュ”。ほかのメゾンも、根強いファンを持つ造り手ばかり。この”クイーン”たちが集結したグループの結成は、単にシャンパーニュのプロモーションだけではなく、「シャンパーニュの楽しさを、今よりももっと身近に感じてほしい」という”世界と悦びを分かち合う”という啓蒙活動を目標にしていることがストレートに伝わってきた。
エヴリーヌ・ボワゼルさんは言う。
「私たちは今まで、お互いを尊敬しあい、切磋琢磨しながら、世界に向けてシャンパーニュを送り出して来ました。そして、私たちがその中で得た楽しみや、シャンパーニュについてまだ知られていない情報を、次の世代に向けて発信したいと考えるようになったのです。『ラ・トランスミッション』という名前も、そんな思いから名づけました」。
アリス・バイヤールさんが続ける。
 「このグループの根底にあるのは”姉妹愛”。私たちは年齢やキャリアなど、バックグラウンドはそれぞれに違いますが、お互いを認め合っている。それぞれに多様性があるからこそ、同じ時間を共有した時、豊かな時間が過ごせるのだと思います。シャンパーニュは、豊かさを感じる飲み物です。だからこそ、分かち合えた時、互いの人間性に光が当たるのだと感じています。今度はそれを、世界中のシャンパーニュを愛する女性の皆さんに感じていただきたいのです」。
“シャンパーニュの夢と絆”を繋ぐ 「ラ・トランスミッション」【飲むんだったら、イケてるワイン/WEB特別篇】 _1_3
シャンパーニュは、人と幸福な時間を分かち合うための素敵な飲み物。気軽でもおいしい料理とともに楽しい時間を過ごしたい。「ブリューノ・バイヤール」にて。
オンライン・セミナーで楽しかったのは、いつもとはまったく趣きが違うテイスティング・セッションだった。通常、テイスティングはそのメゾンのオーナーや醸造家やオーナーが行うが、今回は自らが解説するのではなく、他のメゾンのマダムがコメントを語るというもの。画期的ともいえるスタイルだが、画面を見ると、マダムたちは9本のテイスティングに忙しく、中には朝から”本気飲み”のマダムも! 現地時間は朝の9時だが、”朝シャン”の楽しそうな雰囲気が伝わってくる。
“シャンパーニュの夢と絆”を繋ぐ 「ラ・トランスミッション」【飲むんだったら、イケてるワイン/WEB特別篇】 _1_4
美しいシャンパーニュ地方の景色に心癒される。こちらは「タルラン」の畑から。
最後に、ヴィタリ―・テタンジェさんとマギー・エンリケスさんの印象的な言葉を紹介しておこう。
「シャンパーニュはお祝いのお酒と思われていますが、実はそれだけではありません。日々の暮らしを楽しくしてくれる、日常でこそ楽しみたいお酒なのです。美しい泡の存在は心ときめかせ、料理をさらにおいしくなります。シャンパーニュを造るのは、ブドウと畑、ワインメーカーの魂、そして時間です。それを感じていただけたら嬉しいですね」。(ヴィタリ―・テタンジェさん)
「シャンパーニュは”魔法”のようなもの。どんなひとときも特別なものにしてくれます。もし、できれば、グラスはフルートグラスではなく、チューリップ型か白ワインのグラスで。芳醇な香りを楽しんでください」。(マギー・エンリケスさん)

もし、次にシャンパーニュを開ける機会があれば、下記9本にもトライしてみてほしい。彼女たちの思いが理解できるはず。そして、ふんわり、優しい空気に包まれるに違いない。

■ドラピエ C.E.O.(共同オーナー) シャーリーン・ドラピエさん

C.E.O.(共同オーナー) シャーリーン・ドラピエさん
ドラピエ ロゼ ナチュール ピノ・ノワール100%

ドラピエ ロゼ ナチュール

ピノ・ノワール100%。1808年、シャンパ―ニュの南コート・デ・バール地区のウルヴィル村に設立。ブドウ栽培の歴史は1604年に遡る。完全無農薬とノン・ドザージュを追求するメゾンで根強いファンが多い。「フルーティーで官能的。美しいロゼね」(A.R.ルノーブル/アンヌ・マラサーニュさん評)750ml ¥8,580 問い合わせ=テラヴェール ☏03-3568-2415

■フィリップ・ゴネ 共同オーナー シャンタル・ゴネさん

共同オーナー シャンタル・ゴネさん
フィリップ・ゴネ ブラン・ド・ブラン エクストラ・ブリュット 3210 シャルドネ100%

フィリップ・ゴネ ブラン・ド・ブラン エクストラ・ブリュット 3210

シャルドネ100%。「3210」は”3年熟成、2つのテロワール、1つの品種、0ドザージュ(加糖)”の意。シャルドネの名産地メニル・シュル・オジェ村で6代に渡り、シャンパーニュ造りに従事。「よく熟成していて、クリーミー。丸みがあるのにパワフルね。シャルドネをよく知るのにぴったりね」(ブルーノ・バイヤール/アリス・バイヤールさん評)750ml ¥8,415 問い合わせ=ヴィノラム☏03-6228-1414

■クロード・カザル オーナー デルフィーヌ・カザルスさん

オーナー  デルフィーヌ・カザルスさん
クロード・カザル カルト・ドール ブリュット グラン・クリュ シャルドネ100%

クロード・カザル カルト・ドール ブリュット グラン・クリュ

シャルドネ100%。1897年、シャルドネの聖地コート・デ・ブラン地区のメニル・シュル・オジェ村に創設した家族経営の造り手。デルフィーヌさんで4代目。「洗練されて、丸みのある味わい。ミネラルも豊かで、果実味と酸味とのバランスも抜群ね」(ボワゼル/エヴリーヌ・ボワゼルさん評) 750ml ¥6,710 問い合わせ=フィラデス ☏045-222-8871

■タルラン シャンパーニュ オーナー メラニー・タルランさん

オーナー メラニー・タルラン
タルラン シャンパーニュ ラ エリエン ロゼ ブリュット ナチュレ 2004

タルラン シャンパーニュ ラ エリエン ロゼ ブリュット ナチュレ 2004

シャルドネ50%、ピノ・ノワール35%、ムニエ15%をブレンド。1687年に設立以来、家族経営を貫く。ていねいな味に定評がある。「イキイキしていて、とてもエネルギッシュ。オレンジとブラックオリーブの地中海風サラダに合わせてみたいわ」(テタンジェ/ヴィタリー・テタンジェさん評)750ml ¥15,840(参考価格/編集部調べ) 問い合わせ=八田☏03-3762-3121

■A.R.ルノーブル 共同オーナー アンヌ・マラサーニュさん

共同オーナー アンヌ・マラサーニュさん
A.R.ルノーブル ブリュット・ナチュール ドザージュ・ゼロ MAG15

A.R.ルノーブル ブリュット・ナチュール ドザージュ・ゼロ MAG15

ムニエ45%、ピノ・ノワール40%、シャルドネ15%をブレンド。熟成したリザーヴワインを45%使用する贅沢な造り。1915年創設、3代続く家族経営のメゾン。ブドウはビオロジック栽培。「キリリとして、深みのある味。キノコの天ぷらが食べたくなるわ」(タルラン/メラニー・タルランさん評)750ml ¥8,580 問い合わせ=テラヴェール☏03-3568-2415

■ボワゼル・シャンパーニュ 元C.E.O. エヴリーヌ・ボワゼルさん

元C.E.O. エヴリーヌ・ボワゼルさん
ボワゼル・シャンパーニュ ジョボワイヨ・ドゥ・フランス・ロゼ

ボワゼル・シャンパーニュ ジョボワイヨ・ドゥ・フランス・ロゼ

ピノ・ノワール62%、シャルドネ38%をブレンド。1834年エペルネに創設した家族経営の造り手。ノン・ヴィンテージでも5年以上と澱とコンタクトさせて長期熟成させ、うまみを表現している。「素晴らしく美しいシャンパーニュ! ホタテやマグロにぴったりね」(クリュッグ/マギー・エンリケさん評)750ml ¥21,142 問い合わせ=ピーロート・ジャパン☏03-3458-4455

■ブルーノ・バイヤール 共同オーナー アリス・バイヤールさん

共同オーナー アリス・バイヤールさん
ブルーノ・バイヤール ロゼ・プルミエ・キュヴェ

ブルーノ・バイヤール ロゼ・プルミエ・キュヴェ

ピノ・ノワールを主体にシャルドネをブレンド(比率は非公開)。1981年ランスに設立。新しい生産者の中でも最も成功したメゾンのひとつ。シェフやソムリエなど、プロに信頼される造り手。「とても端正で緻密な味。”静けさ”を感じるわ」(ドラピエ/シャーリーン・ドラピエさん評) 750ml ¥11,000 問い合わせ=ミレジム ☏03-3233-3801

■クリュッグ C.E.O. マギー・エンリケスさん

C.E.O. マギー・エンリケスさん
クリュッグ グランド・キュヴェ 168エディション

クリュッグ グランド・キュヴェ 168エディション

ピノ・ノワール、シャルドネ、ムニエをブレンド(比率は非公開)。異なる年の198種類のワインを使用。1843年ランスに設立。”ブレンドの妙味”に熱球的ファン多数。ココ・シャネルやマリア・カラスも愛飲。「緻密で、エネルギッシュで、奥深い味。さすがは”アサンブラージュの帝王”ね。『素晴らしい!』のひと言よ」(フィリップ・ゴネ/シャンタル・ゴネさん評)750ml ¥34,980 問い合わせ=MHD モエ ヘネシー ディアジオ☏03-5217-9736

■テタンジェ C.E.O.(共同オーナー) ヴィタリー・テタンジェさん

C.E.O.(共同オーナー) ヴィタリ―・テタンジェさん
テタンジェ プレスティージュ・ロゼ

テタンジェ プレスティージュ・ロゼ

ピノ・ノワール70%、シャルドネ30%。1734年設立の歴史あるメゾンを1930年代にピエール・テタンジェ氏が買い取り、「テタンジェ」として始動。シャルドネの美しさに定評あるメゾン。「デリケートで、とてもチャーミング。日本の桜の色を思い出すわ。ピクニックで、富士山を見ながら飲みたくなるわね」(カザルス/デルフィーヌ・カザルスさん評)750ml ¥10,238 問い合わせ=サッポロビール☏0120-207-800(フリーダイヤル/お客様センター)

取材・文/安齋喜美子

What's New

Feature
Ranking