アラフィー女性から共感の嵐!夫の「がんこオヤジ化」エピソード4

若いころと比べて夫ががんこになり、人の意見に聞く耳を持たなくなってきた…なんて感じることはない? アラフィー女性たちに聞いた「夫のがんこオヤジ化」エピソードを紹介。

夫の「がんこオヤジ化」エピソード1

「トイレは座ってしてほしい」などお願いしても、「俺は男だから」とまったく聞いてくれません。若いころはおおらかで男らしいと思いましたが、今は「なんでそれくらいいうこと聞いてくれないかなぁ」と、イラつきます。(N・Sさん 52歳)

夫の「がんこオヤジ化」エピソード2

明らかに2〜3年くらい前から花粉症なのに、「絶対違う!」「そう思ったら負けなんだ!」と頑として認めない。負ける!?とか意味不明。試しに市販の花粉症薬を飲ませたら、夜は鼻水とくしゃみがピタリとやんで熟睡(苦笑)。なぜそこまで認めまいとふんばる必要性があるのか、まったくもって謎!(Y・Mさん 54歳)

がんこオヤジ

夫の「がんこオヤジ化」エピソード3

車の運転中に短気になっていることが多い気がします。基本的に穏やかな性格なのですが、車を運転しているときだけは、ちょっとしたことでイライラ。本人も自覚しているようですが……。(Yさん 48歳)

夫の「がんこオヤジ化」エピソード4

明らかに言い訳だとわかるのに、「初めからこう考えていた」とか、とってつけたようなその場しのぎの発言も多く、頭にきています。頼んだことを忘れると「すぐにやるなんていわなかった」「忙しくてそれどころではなかった」とかごまかします。私が矛盾点を指摘するとどんどん論理が破綻していき、逃げられなくなると、逆ギレ……。昔はこんな人ではなかったのに。ふだんは温和なだけに残念感が募ります。(A・Uさん 50歳)

What's New

Feature
Ranking