まぶたのたるみはサーマクールアイ引き締めて【美容クリニックで「たるみ顔」悩み解消】

たるみ治療はどこまで進化した? 効果的で痛みの少ない最新美容医療技術によるたるみ治療を、美容ジャーナリストの近藤須雅子さんが徹底取材! 今回は、まぶたのたるみやショボショボ目におすすめの「サーマクールアイ」をご紹介。
美容ジャーナリスト 近藤須雅子

美容ジャーナリスト 近藤須雅子

数多くの媒体で美容記事を執筆。なかでも美容医療に詳しく、その最前線を長年取材する。著書『プチ整形の真実』(講談社文庫)も好評。

【お悩み】まぶたがたるみ、目がショボショボ。目の下のたるたるも目立ってきた

A. まぶたや目のきわぎりぎりまで照射できるサーマクールアイで目もとを引き締めて

和田アキ子さんの手術の影響か、最近「まぶたがたるんで目がショボショボしてきたから、眼瞼下垂(がんけんかすい)の手術をしたい」と何人もの友人がいってきたので、「1カ月は腫れが引かないし、手術したのがバレバレになるけどいい?」と返すと、みんな驚いて後ずさり。本当にそれぐらい大変。体験者(私です)としては、手術に踏み切る前にできることはたくさんあると思う。

 

自由が丘クリニックの古山恵理先生も「私自身、外科医で手術も行いますが、エクラ世代のかたなら、まず機械による治療をおすすめします。目もと用の治療器サーマクールアイなら、熱刺激で目もとのゆるみを即効的に引き締めてくれますし、同時にコラーゲンの生成を促すので中長期の効果も期待できます。最新機種は痛みも少なく、ダウンタイムも翌日赤くなる程度ですよ」という。

 

目がパチッと開いて、目まわりの小じわも軽減。「たるみ予防にも優れているので、本格的な眼瞼下垂にすすむのを防ぐ効果も期待できます」

古山恵理先生
古山恵理先生
サーマクール本体

施術MENU

サーマクールアイ/ラジオ波(RF)の熱エネルギーでたるみを改善する治療器、サーマクールの目もと版。眼球を保護するシェルを使用することでまぶたにも照射が可能に。細かいちりめんじわも改善。2種類の異なるマシンを、同じ日に続けて照射することで、強力な引き締め効果が得られる高度な施術。外科手術のようなリスクはなく、手術では得られない自然なリフトアップが実現できる。

 

施術時間/麻酔なしで約20分。

料金/225ショット¥165,000、初診料¥3,300

痛み/点眼式麻酔を使用するため、ほぼなし。

ダウンタイム/ほぼなし。赤みや腫れが

あることも。

効果の持続期間/ 1~2カ月後がピーク。年2回程度の施術がおすすめ。

目もと専用の繊細なチップで照射。さらに眼球を傷めないよう黒いコンタクトレンズ様シェルを装着してガードを

目もと専用の繊細なチップで照射。さらに眼球を傷めないよう黒いコンタクトレンズ様シェルを装着してガードを

Before
ビフォー
After(2週間後)
アフター

写真提供/自由が丘クリニック

自由が丘クリニック

【DATA】
自由が丘クリニック
東京都目黒区八雲3の12の10
パークヴィラ2F・3F・4F
☎0800・808・8200(予約制)
10:00~18:00 無休

  • 顔の引き締め効果を実感!「NEWAリフト」使いこなしテクを美容のプロが伝授

    美容医療メニューで使われているサブマイクロ波(RF)に機能を絞り込んだ美顔器「NEWAリフト」。エクラ4月号の「人気ヘア&メイク推しのたるみ解消美顔器企画」で大好評を博し、もっと知りたい! 実際どのくらい引き上がるの?という声が続出。その声に応え、ヘア・メイクアップアーティストの森ユキオさんが使いこなしテクニックをレクチャーしてくれた。

What's New

Feature
Ranking
Instagram