アワやイガグリ、トウガラシなど秋の実りをイメージした「かごの花器」を使った花あしらい

何げない毎日に彩りを添える“花あしらい”を、花生師・岡本典子さんが伝授。素朴な色合いとフォルムが魅力の秋の花材は、ナチュラルなかごにまとめてハイセンスな仕上がりに。

秋の収穫をイメージして、素朴な色とフォルム、質感の植物を少しずつ

実や穂がなる山野草を中心に色調や形、質感で収穫の季節の趣おもむきが出る植物をそろえて。花が終わり、実がなり、徐々に色づく…。春の芽吹きだけでなく、その先へと続くライフサイクルに愛いとおしさを感じるアレンジに。同じ時季に出回るものは基本的になじみ、気負わずハイセンスな仕上がりを目ざせるのが秋の花材の懐の深さなので、気軽にセレクトを。素朴なテイストにしっくりくる、かごに花器を入れて。

秋の収穫をイメージして、素朴な色と フォルム、質感の植物を少しずつ

アワやミレット“パープルマジェスティ”、オヤマボクチ、ヒオウギの実、イガグリ、レースフラワーシード、ネズミモチ、トウガラシ“ブラックフィンガー”で実りの喜びを表現。床置きするときは上からのぞくので、トップにお気に入りを。

What's New

Feature
Ranking
Instagram