【大人のベストコスメ大賞2021】「美しい素肌に見せたい!」に応えるベースメイク部門の3トップ

理想的な素肌のような仕上がりを目ざし、進化が止まらないベースメイクアイテムの優秀作は、もはやスキンケア効果も標準装備。「美肌」の願いをかなえてくれる化粧下地、コンシーラー、フェイスパウダーをご紹介。

《ベースメイク部門》下地1位 コスメデコルテ ザ スキン ミニマリスト

 コスメデコルテ ザ スキン ミニマリスト

下地以上、ファンデーション未満。まさに“ニューノーマル”なベースメイク(美容エディター・山崎敦子さん)
「塗れてる?と思うほど軽やかなフィット感。でも確実にトーンアップして、肌のアラも自然にカバー。“素肌がすごくきれいな人”という印象に」(美容エディター・藤井優美さん)
「例えばマスクをはずさないはずの日、不意に鏡に映った自分の顔にぎょっとしないですむ。スキンケア&プロテクト効果も頼もしい、肌づくりの選択肢を広げる一本」(美容エディター・山崎敦子さん)
素肌を格上げしたような仕上がりを。
SPF30/PA+++ 30g ¥4,180

《ベースメイク部門》コンシーラー1位 アディクション スキンリフレクト フレッシュ コンシーラー

アディクション スキンリフレクト フレッシュ  コンシーラー

ブレンドしだいでぴったりの色に。これひとつで一生安泰!?と思えるほど(美容エディター・平 輝乃さん)
「ありそうでなかった天才的な4色の組み合わせ。くまも毛穴もシミも、消したいネガティブをこれひとつでなかったことに。メイク直しもこれひとつあれば自然で的確に」(美容ジャーナリスト・小田ユイコさん)
「カバーはするのに厚みは出ない、乾かない」(美容エディター・平 輝乃さん)
コントロールカラー、ハイライトカラーもひとつに。素肌に溶け込むようなフレッシュな仕上がり。
全3色 各¥4,950/アディクション ビューティ

《ベースメイク部門》フェイスパウダー1位 ジバンシイ プリズム・リーブル

ジバンシイ プリズム・リーブル

わぁっと心がときめいた“眼福コスメ”。光のベールをかけたように(美容ジャーナリスト・倉田真由美さん)
「素肌から透き通るような光を放つ、ハロー効果をしのばせた技アリのパウダーは、4色のハーモニーが奏でる崇高な仕上がり。大人のくすみ肌さえ幸福感あふれる印象に」(美容エディター・安倍佐和子さん)
「見た目の美しさは肌にまとっても裏切られることなく、色沈みを払拭」(美容ジャーナリスト・倉田真由美さん)
さらにオーラのような光で肌を輝かせる。
全4色(写真は1)各¥7,480/パルファム ジバンシイ[LVMHフレグランスブランズ]

  •  中野明海さん流「不機嫌な影消しメイク」全プロセス

    中野明海さん流「不機嫌な影消しメイク」全プロセス

    影をうまく消す秘訣は、塗り重ねるのではなく、なめらかな面をつくってカムフラージュする、という発想に切り替えることが重要。ヘア&メイクアップアーティスト・中野明海さん流テクなら、不器用な人でもミニマムなプロセスでいとも簡単に不機嫌な影が一掃できるはず。

What's New

Feature
Ranking
Instagram