韓国ドラマ界の注目男子はこの人!“ジニョン”撮り下ろしインタビュー!

初々しい恋模様と事件に向かう凛々しさと。歌手として俳優として活躍するジニョンの除隊後初の主演ドラマが、今、話題だ。

「演じる人物をとことん理解することを心がけながら常に演技に臨んでいます」

ジニョン

キリリとまなじり上がる澄んだまなざしは、感情の動きとともに繊細にその表情を変えていく。時には頼れる兄貴のように凛々しく、時には放っておけない子犬のように純真に。’91年生まれの30歳。ボーイズグループB1A4のリーダーとしてデビュー、歌はもちろん作詞・作曲・プロデュースも手がける多才ぶりだ。

ジニョン

同時に俳優としても積極的に活動。『雲が描いた月明り』『初恋は初めてなので』など話題作に次々と出演し、俳優ジニョンとしてのファンも数多い。その彼の除隊後初となる主演作『警察授業』が、日本で放送開始され、今、注目を集めている。

「韓国ドラマでは初めて警察大学を舞台にした物語です。そこで巻き起こる事件や師弟の絆、友情・恋愛などのエピソードが本当に楽しく、僕自身も台本を一気に読み進んでしまったほど。事件を推理していく楽しさはもちろん、僕たちの制服姿もかっこよく、かわいいですよ(笑)」

ジニョン

『猟奇的な彼女』でも知られるチャ・テヒョンとの熱い師弟ぶりも話題。

「テヒョン先輩はアドリブも多く、その返しをするのも楽しいです。先輩演じるユ・ドンマン教授にも感情移入してしまって、教授が学校を離れるシーンは台本を読んだだけで号泣しました。演技では人との関係性や状況をとことん理解して演じることを心がけています。僕が演じるソンホは、人への思いやりあふれる僕自身も応援したくなる魅力的な青年。エクラ読者のかたにも多くの関心をもって見ていただければうれしいです」

『警察授業(原題)』
Licensed by KBS Media Ltd. © 2021 KBS. All rights reserved

『警察授業(原題)』
警察大学を舞台に、熱血刑事の教授と元ハッカー学生が違法賭博サイト事件に迫る青春ドラマ。ジニョンとクリスタルの恋模様も初々しさ満載。CS放送局『衛星劇場』で放映中。

JINYOUNG(ジニョン)

JINYOUNG(ジニョン)

’91年生まれ。178㎝。’11年にB1A4でデビュー、作詞・作曲、ディレクションを担当。’13年から俳優としての活動を本格化。’16年の『雲が描いた月明り』では新人賞を受賞。除隊後初のドラマ『警察授業』では主演を務める。

What's New

Feature
Ranking
Instagram