50代の手土産➁:帰省時にもおすすめ。親戚ウケ抜群のアイテムはコレ!

2017年7月11日
夏におすすめの手土産リサーチ第2弾は、帰省や親戚の集まりに持参すると喜ばれることウケアイな、地方の銘菓や地酒をご紹介。ウンチク好きなおじさんも思わず笑顔に!?
笹巻麩/半兵衛麩
チームJマダム・Mさんが京都出身の友人からいただいたのが、元禄2年創業の老舗・半兵衛麩の精進生麩(麩のしぐれ煮)。初めての味わいに感動し、半兵衛麩のファンに。中でも生麩のスイーツ「笹巻麩」は、年配の方も喜ぶ味わいと食感だそう。

「サラリとしたこしあんをもっちりとした生麩で包み、笹の葉で包んだ麩まんじゅうです。ほのかに笹の香りが移っていて、冷やしていただくと本当に涼んだ気分に。特に年配のかたに好評で、親戚への手土産にしたら、おいしかったから取り寄せたと連絡があったことも」

京都の料亭でも愛されているという麩まんじゅう。甘さ控えめで食べやすい。
消費期限は3日間なので、取り寄せの際には注意して。

笹巻麩
1個 ¥200(税抜)~/半兵衛麩
http://www.hanbey.jp/
登り鮎/玉井屋本舗
関西や中部圏のおいしいものに詳しいAさんのおすすめは、夏の伝統漁法・鵜飼いが有名な岐阜の和菓子「登り鮎」。

「夏の風物詩のひとつ、鮎をモチーフにした岐阜の銘菓です。季節になってこれをお持ちすると、ああもう夏だねと皆さんおっしゃいます。カステラ生地の中に求肥が入っていて、サラッといただけますよ。鮎の姿の形がかわいいので、小さなお子さんも満面の笑みです」

「登り鮎」を作る玉井屋は、鵜飼いで名高い長良川のほとりに店を構えて約100年の歴史を誇る名店。

登り鮎
7個入り ¥1030(税込)~/玉井屋本舗
http://tamaiya-honpo.co/
川裾祭セット/山名酒造
甘いものが苦手だというMさんは、ワインや日本酒が大好き。特に奥丹波の蔵元・山名酒造の日本酒は、定番はもちろん、四季折々に販売される季節限定のお酒もおいしいので、親戚の集まりなどによく持参するそう。夏なら、純米生酒と純米にごり酒をセットにした「川裾祭セット」がおすすめ。

「夏だけ発売される日本酒です。グリーンのボトルは澄み酒、ブルーのボトルはにごり酒で、どちらもくせのないサラリとした味わい。日本酒が苦手なかたもおかわりをしていらっしゃいました。暑い夏の夜、キンと冷やしていただくのがおすすめ。夏祭りの版画ラベルもおしゃれです」

ラベルは、奥丹波の川裾祭をモチーフにしたもの。
夏季限定。

川裾祭セット
¥3510(税込)/山名酒造
http://okutamba.shop-pro.jp

What's New新着記事

  • アラフィー女性のホンネ:「夫とふたりきり」の生活になったらしたいこと

    ふと気がつけば街の樹々の葉も色づきはじめていて、季節はすっかり秋。夜が長くなると考えごとをする余裕もでてきたのでは? そこで、みなさんに聞いてみました。「夫のリタイア後、何をしたい?」

    Jマダム通信

    2018年11月10日

  • アラフィー女性のホンネ:私を凍りつかせた一言

    ハロウィンが近づいてきて、街にはカボチャやおばけがいっぱい。さすがにもう、子どもたちのように怖がることはないけれど、大人の社会にはもっと背筋の凍るようなことが……。Jマダムたちの心を凍りつかせた一言について、聞いてみた。

    Jマダム通信

    2018年10月27日

  • アラフィー女性のホンネ:”困った敵”の対処法

    前回のアンケート「やめたら、ラクになったこと」では、「気の進まない付き合い」という回答が多く寄せられた。では、どうすれば気の進まない相手、困った敵との縁をうまく切ることができるのだろう。頭を悩ませる”困った敵”がいなくなる方法を、Jマダムたちの経験談から探ってみることにしよう。

    Jマダム通信

    2018年10月13日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと②

    「やめたらラクになったこと」に寄せられた回答から、いかに「思い込み」や周囲を気にしての「〜するもの」という常識が自身を縛っているか、ということが浮きぼりに。そしてその呪縛から解き放たれたときには、「心身ともに、この上なくラクになった」という声が多かった。この先の人生、より自分らしく生きていくためにも、手放せるものは手放したい……。そんなあなたに参考になりそうな、Jマダムの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月22日

  • アラフィー女性のホンネ:やめたら、ラクになったこと

    なんとなく惰性で続けてきたことや、よかれと思ってやっていることは、ないだろうか?実は、それが自分の心や体を縛っているのかも。「やめる」という選択をしてラクになった、チームJマダムのみなさんの声をご紹介しよう。

    Jマダム通信

    2018年9月8日

FEATURE
ランキング